IT投資のアドバイザー

公開日:2017/06/22

この記事は、書かれてから 4 年以上経過しており、内容が古い可能性があります。

IT投資をしないのは人材がいないから?

前回参照したグラフ、「IT投資未実施企業の、IT投資をしない理由」をもう一度見てみたいと思います。

class="img-thumbnail img-responsive"
alt="IT投資未実施企業のIT投資を行わない理由" />

上から順に「IT投資をしない理由」を挙げてみますと、

  • ITを導入できる人材がいない
  • 導入効果がわからない、評価できない
  • コストが負担できない
  • 業務内容にあったITがない
  • 社員がITを使いこなせない
  • 適切なアドバイザー等がいない

となっています。

上位6つのうち、3位の「コストが負担できない」を除くと、
すべて「人材がいない」ということに帰結します。

 

システム会社はアドバイザーとして認知されていない

このように、「社内に人材がいないから、IT投資できない」というのは
システム開発会社の怠慢も原因にあるかもしれません。

人材がいないなら、外部に協力者を探すのは手段の1つですが、
それでも上記の理由に「適切なアドバイザー等がいない」が挙げられています。

つまりいまある多くのシステム開発会社、ソフトウェア会社は、
アドバイザーの選択肢として認知されていない、ということになります。

 

IT投資のアドバイザーができることとは?

例えば、「支払い通知のためのハガキをシステムで出したい」というニーズがあったとします。

誤解を恐れず言えば、多くのシステム開発会社はこのように言うでしょう。

「ではハガキ印刷機を購入しておいてください。開発している間は確認するために貸してください。
あとはシステムから印刷できるように作っておきます。」

 

しかしこのように言われたことを言われたように実現するのでは、
よい「アドバイザー」とは言えないと思うのです。

「ハガキを印刷する専用機は〇〇円のようです。月に何回使いますか?
支払い通知なら一ヶ月に一度、仕入先の数だけのはずですか、専用機が必要でしょうか?」

もし仮に大量の仕入先があるとして、やはり専用機が必要なら、

「サイズはこれ位のようですが、どこか置ける場所はありますか? どのパソコンから印刷しますか?
印刷機のメーカー保守が年間〇〇円ですから、この費用も見込んでおいてください」

支払い通知のハガキを出す、といったことだけでも、数え切れないほど検討すべきことがあります。

 

イルカシステムはIT投資のよいアドバイザーになるよう努力しています

システム開発会社が、システムを作ることだけでなく、
上述のように検討すべきことを挙げてくれれば、
いまより少しは中小企業のシステム構築のアドバイザーとしてお役に立てるのではないでしょうか。

イルカシステム株式会社では、このようなIT投資、システム開発のアドバイザーとして
お役に立てるように日々努力しております。

このページの著者

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

  1. 中小企業さま向けの社内向け営業支援、顧客管理、経営数値管理システム

    経営数値をリアルタイムで見える化し、目標達成度を常に把握することができ、顧客へのフォローもスムースになります

  2. 中小企業さま向けの受発注管理、請求入金管理、在庫管理

    御社特有の受発注業務、出荷処理をシステム化することで業容拡大への大きなお手伝いとなります

  3. 医療業界向けの業務改善システム

    ※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「 ムジンワリ 」をご提供しております。

  4. IoTシステムの開発

詳しくは ご提供サービス を参照してください。

お読みいただきありがとうございました

ウェブシステムからPDFなしで直接伝票印刷する方法

中小企業がIT投資しないのは費用が主な理由ではない

こちらもおすすめ

システム化の相談はしてみたけれど...

中小企業のシステム導入に心強い補助金

お客様とのつながりを点数化し分析する

お客様との接点を記録することのメリット

顧客管理システムの目的は名簿作成ではない

顧客との接点を増やし売上をあげるシステム

お客様とのやりとりの記録のススメ

遠くのシステム会社が安い金額の提案をしてきたら?

システム会社に社内システムの保守を依頼するには

社内システムはできたあと、利用期間のほうが長い