中小企業がIT投資しないのは費用が主な理由ではない

公開日:2017/06/06

この記事は、書かれてから 4 年以上経過しており、内容が古い可能性があります。

弊社にお問合せいただく中小企業のお客様の特徴

弊社にお問合せいただく中小企業のお客様は、
たいてい「どのような問題を解決したいか」ある程度焦点が定まっています。

もう少しいいますと、「こんなことができるシステムだといいな」といった、
漠然としたイメージがついている社長が多いように思います。

 

また、最終的にシステム構築する、しないに関わらず、
予算の目処もつけているような気がします。

例えば「この金額までならシステム投資としてみあう」といった目処です。

 

IT投資しないのはお金がないから?詳しくないから?

まとめますと、弊社へのお問い合わせは、概ね以下のような特徴があります。

1、IT投資、システム投資によって解決したい社内問題と、そのシステムイメージがおよそある

2、それが投資に見合えば投資できる経営状態である

 

ですから、お問い合わせしてこない潜在的なお客様というのは、
これらを裏返した中小企業だと思っていました。

すなわち、以下のようなイメージです。

1、IT投資によって解決すべき問題がない、またはわからない。その社内問題をIT投資によって解決できると想像できない(ITが苦手、詳しくない)

2、経営に余裕がなく投資できない(お金がない)

 

中小企業には、ITを導入できる人材がいない

平成26年度 中小企業白書によれば、これらも理由の1つではあるようですが、
もっと大きな問題があると記載されています。

第3節 IT利活用に係る課題と高収益企業の取組

 

class="img-thumbnail img-responsive"
alt="IT投資未実施企業のIT投資を行わない理由" />

上記表のとおり、一番は「ITを導入できる人材がいない」、
ついで「これを評価できる人材がいない」、
ということでした。

つまり、きちんと自社に適合したシステムを導入し、社員教育し、
システム会社にフィードバックして改善できる、
そんなIT化を推進できる人材がいない、ということがもっとも大きな問題のようです。

 

ソフトウェア会社にできること

たしかに、ソフトウェア開発会社にできるのは、システムを納めることまでです。

社員教育のサポートをすることもありますし、不具合や使い方のお問い合わせを受け付けることもありますが、
実際に業務の中でシステムを使うのは社員のみなさんなのです。

この辺りのことを心配されているのですね。

 

私は、ソフトウェア開発会社には、こういったご心配も相談していただくと良いと思っています。

「それは御社で考えてください」

というようなソフトウェア開発会社はあまり親身ではありません。

どうしたらうまく回せるのか、いろいろと提案してくれる会社であれば、長くよいお付き合いができるのではないでしょうか。

このページの著者

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

  1. 中小企業さま向けの社内向け営業支援、顧客管理、経営数値管理システム

    経営数値をリアルタイムで見える化し、目標達成度を常に把握することができ、顧客へのフォローもスムースになります

  2. 中小企業さま向けの受発注管理、請求入金管理、在庫管理

    御社特有の受発注業務、出荷処理をシステム化することで業容拡大への大きなお手伝いとなります

  3. 医療業界向けの業務改善システム

    ※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「 ムジンワリ 」をご提供しております。

  4. IoTシステムの開発

詳しくは ご提供サービス を参照してください。

お読みいただきありがとうございました

IT投資のアドバイザー

中小企業の業務のうち、パッケージソフト比率の高い業務は?

こちらもおすすめ

システム化の相談はしてみたけれど...

中小企業のシステム導入に心強い補助金

お客様とのつながりを点数化し分析する

お客様との接点を記録することのメリット

顧客管理システムの目的は名簿作成ではない

顧客との接点を増やし売上をあげるシステム

お客様とのやりとりの記録のススメ

遠くのシステム会社が安い金額の提案をしてきたら?

システム会社に社内システムの保守を依頼するには

社内システムはできたあと、利用期間のほうが長い