お客様との接点を記録することのメリット

公開日:2017/04/17

この記事は、書かれてから 4 年以上経過しており、内容が古い可能性があります。

 

お客様との接点とは

お客様との接点はあげればきりがありません。

お問い合わせ、クレーム、相談、面談などのようにお客様の声をきけるもの、

なにを受注したか、なにを納品したか、返品があったか、などの取引内容に関するもの、

セールスレターやセールスメールといった、信頼関係を築くもの。

 

こういった接点を(自社システムであれ、エクセルであれ、紙であれ)記録することの
メリットとはなんでしょうか。

 

記録のメリットとは

クレームがあったとき、これを受け付けた社員とそのお客様の営業担当に連絡不備があれば、
お客様はますます不満に思うでしょう。

たまに注文をくださるお客様も大切なお客様ですが、
担当者同士の引き継ぎから漏れやすいものです。
せっかくの再注文のときに、引き継ぎ漏れから
新規客としての扱いを受けたとき、そのお客様はどう感じるでしょうか。

 

記録はみつけやすく追記しやすく

お客様との接点を記録する方法がなんであれ、
それらの記録をどの社員でもみつけやすいものであることが望ましいことです。

あるお客様との接触の履歴を、どの社員でもすぐにみつけられれば、
記録の追記も容易で漏れがありませんし、
新たな接触時にもすぐに履歴を確認できます。

 

例えばエクセルやワードであれば、フォームを決め、すべての社員がこのファイルに追記するような
取り決めをすることです。

どのように運用すべきか悩んだら、是非ご相談ください。

このページの著者

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

  1. 中小企業さま向けの社内向け営業支援、顧客管理、経営数値管理システム

    経営数値をリアルタイムで見える化し、目標達成度を常に把握することができ、顧客へのフォローもスムースになります

  2. 中小企業さま向けの受発注管理、請求入金管理、在庫管理

    御社特有の受発注業務、出荷処理をシステム化することで業容拡大への大きなお手伝いとなります

  3. 医療業界向けの業務改善システム

    ※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「 ムジンワリ 」をご提供しております。

  4. IoTシステムの開発

詳しくは ご提供サービス を参照してください。

お読みいただきありがとうございました

お客様とのつながりを点数化し分析する

顧客管理システムの目的は名簿作成ではない

こちらもおすすめ

システム化の相談はしてみたけれど...

中小企業のシステム導入に心強い補助金

訪問効果のある近所のお客様を探す顧客管理システムとは

お客様とのつながりを点数化し分析する

お客様との接点を記録することのメリット

顧客管理システムの目的は名簿作成ではない

顧客との接点を増やし売上をあげるシステム

お客様とのやりとりの記録のススメ

遠くのシステム会社が安い金額の提案をしてきたら?

システム会社に社内システムの保守を依頼するには