システムが使われ続けるためには...

公開日:2014/03/31

この記事は、書かれてから 7 年以上経過しており、内容が古い可能性があります。

一度導入したシステムが使われはじめると
たいてい、少したった頃に機能の追加や変更のご要望があがってきます。

この4月からの消費税のように、外的な環境が変化することで
システムを変更する必要に迫られることもあります。
ほかにも、社内の方針が変わったとか、
新規事業を考慮に入れる必要がでてきた、
取引先との決めごとが変更になったなど、
さまざまな要因でシステムを変更する機会があります。


外的・内的要因で変化するのは社内システムだけではありません。

たとえばホームページでも、
検索上位をめざしてSEO対策しているのであれば
毎日その動向をチェックして、推察のもとに変更を加えていく必要があります。

クラウドシステムを提供している場合も
顧客を逃さないために、要望をヒヤリングして
新たな機能を取り入れていく必要があると思います。

企業が生き残るために変化が必要なのであれば、
そこで使われる社内システムや
その広報役であるホームページが
改善の対象になるのは、当然のことなのかもしれません。


私どもも、不具合を減らし生産性を上げるために
システム開発の標準化にとりくむ一方で、
標準化し、固定化したルーチンには
あえて変化を取り入れています。

内側からも絶えず変化することで
外環境の変化にも対応できるようにしたいと考えるためです。

このページの著者

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

  1. 中小企業さま向けの社内向け営業支援、顧客管理、経営数値管理システム

    経営数値をリアルタイムで見える化し、目標達成度を常に把握することができ、顧客へのフォローもスムースになります

  2. 中小企業さま向けの受発注管理、請求入金管理、在庫管理

    御社特有の受発注業務、出荷処理をシステム化することで業容拡大への大きなお手伝いとなります

  3. 医療業界向けの業務改善システム

    ※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「 ムジンワリ 」をご提供しております。

  4. IoTシステムの開発

詳しくは ご提供サービス を参照してください。

お読みいただきありがとうございました

古いIE向けに作られたウェブサイトへの対策

新規法人でもシステム化を検討すべきでしょうか

こちらもおすすめ

システム化の相談はしてみたけれど...

中小企業のシステム導入に心強い補助金

お客様とのつながりを点数化し分析する

お客様との接点を記録することのメリット

顧客管理システムの目的は名簿作成ではない

顧客との接点を増やし売上をあげるシステム

お客様とのやりとりの記録のススメ

遠くのシステム会社が安い金額の提案をしてきたら?

システム会社に社内システムの保守を依頼するには

社内システムはできたあと、利用期間のほうが長い