新規法人でもシステム化を検討すべきでしょうか

公開日:2014/03/24

この記事は、書かれてから 7 年以上経過しており、内容が古い可能性があります。

古くからの知人からシステム開発の相談がありました。
「新しく法人をつくるのだが、どういうシステムを導入したらよいだろうか」
ということでした。

この方のように、新しい法人を作る場合、
設立前にシステム導入は検討しておくべきでしょうか。


よくよくお話を聞くと、その業界にもそれほど明るいわけではなく
顧客の見込みもこれから、という状態のようでした。

ASPサービスを提供するための法人ですとか、
システム投資を前提としたケースであれば
起業前にシステム開発(の準備)をすることもあるのだと思います。

ただ、この方の場合は、
「法人には専用のシステムを導入する必要があるはずだ」
というお考えからのご相談でした。


各事業内容において何をシステム化すべきかは、
事業責任者の方針をもって決定すべきです。

システム開発会社は、その道のプロではありますが、
事業方針そのものはシステム開発会社が決めるわけではありません。
したがって、何をシステム化すべかわからない状態なのであれば
システム化は不要、とさえ言えると思います。


社内システムであれば「どういった社内業務をどうしたいのか」、
ASPサービスであれば「どういった社会要請をどう解決したいのか」、
といったことがはっきりしてからが
システム開発会社の出番になります。

このページの著者

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

  1. 中小企業さま向けの社内向け営業支援、顧客管理、経営数値管理システム

    経営数値をリアルタイムで見える化し、目標達成度を常に把握することができ、顧客へのフォローもスムースになります

  2. 中小企業さま向けの受発注管理、請求入金管理、在庫管理

    御社特有の受発注業務、出荷処理をシステム化することで業容拡大への大きなお手伝いとなります

  3. 医療業界向けの業務改善システム

    ※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「 ムジンワリ 」をご提供しております。

  4. IoTシステムの開発

詳しくは ご提供サービス を参照してください。

お読みいただきありがとうございました

システムが使われ続けるためには...

iPadを社内システムと連動する方法

こちらもおすすめ

システム化の相談はしてみたけれど...

中小企業のシステム導入に心強い補助金

お客様とのつながりを点数化し分析する

お客様との接点を記録することのメリット

顧客管理システムの目的は名簿作成ではない

顧客との接点を増やし売上をあげるシステム

お客様とのやりとりの記録のススメ

遠くのシステム会社が安い金額の提案をしてきたら?

システム会社に社内システムの保守を依頼するには

社内システムはできたあと、利用期間のほうが長い