システムの発注は、近所の業者のほうがよいでしょうか

公開日:2014/02/10

この記事は、書かれてから 7 年以上経過しており、内容が古い可能性があります。

最近では、必要なものをインターネットで購入することに
ほとんど抵抗のない人も増えているのではないでしょうか。

大規模家電店をショールーム代わりにして
購入店選びは価格.comで...という人も多いようです。

小売りだけでなく、ビジネス取引もインターネットの仲介サイトを通して
行われることが増えてきていると思います。

 

システムの発注も、遠隔地の業者に対して行っても問題ないでしょうか。

「システムの発注」といっても、おおまかに2つのケースがあります。

  • できあいのソフトウェアをそのまま購入して使うケース
  • 自社の業務フローをベースに開発するケース

私見ではありますが、前者であれば遠隔地であろうが
とくに問題はないと思います。

ただ後者の場合はお勧めできません。

 

システム開発で一番重要なのは、開発する前の、
「どのようにシステムで実現するか」を合意する部分にあります。

遠隔地の場合、どうしてもこれがおろそかになりがちです。

そうすると、できあがった後、
発注した側は「そういう意図ではなかった(なおしてほしい)」という、
受注した側は「合意をとったはずなのに(だから問題ないはず)」といい、
お互いに不幸な状態になってしまいます。

コミュニケーションでは、言葉だけではなく
ノンバーバルな部分も非常に重要だとされています。

そのことが、遠隔地での合意形成を難しく
齟齬を生じやすくさせているのかもしれません。

 

ただ、インターネットが普及し、物理的な距離があまり問題視されない傾向は
今後もますます強くなっていくと思います。

スカイプなどで音声と動画(ノンバーバル)の会話も可能ですが、
いまはまだ、通信状況によってはストレスのたまるものです。

これが改善されていくと、
遠隔地でのコミュニケーションもやりやすくなっていくのではないでしょうか。

このページの著者

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

  1. 中小企業さま向けの社内向け営業支援、顧客管理、経営数値管理システム

    経営数値をリアルタイムで見える化し、目標達成度を常に把握することができ、顧客へのフォローもスムースになります

  2. 中小企業さま向けの受発注管理、請求入金管理、在庫管理

    御社特有の受発注業務、出荷処理をシステム化することで業容拡大への大きなお手伝いとなります

  3. 医療業界向けの業務改善システム

    ※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「 ムジンワリ 」をご提供しております。

  4. IoTシステムの開発

詳しくは ご提供サービス を参照してください。

お読みいただきありがとうございました

入金管理業務をシステム化するときに必要なこと

業務用ウェブシステムで、できるようになってきた3つのこと

こちらもおすすめ

システム化の相談はしてみたけれど...

中小企業のシステム導入に心強い補助金

お客様とのつながりを点数化し分析する

お客様との接点を記録することのメリット

顧客管理システムの目的は名簿作成ではない

顧客との接点を増やし売上をあげるシステム

お客様とのやりとりの記録のススメ

遠くのシステム会社が安い金額の提案をしてきたら?

システム会社に社内システムの保守を依頼するには

社内システムはできたあと、利用期間のほうが長い