業務用ウェブシステムで、できるようになってきた3つのこと

公開日:2014/02/03

この記事は、書かれてから 7 年以上経過しており、内容が古い可能性があります。

かれこれ10数年、システム業界に身をおき開発しまいりましたが、
ウェブ関連技術の進歩はめざましいものがあります。

Web2.0という言葉が流行ったのも数年前になりましたが、
現在は当時よりさらに技術の改善、グレードアップがなされています。

そんななか、クラウドシステム、ウェブブラウザをつかった業務システムで、
変化が見られることを3つ挙げたいと思います。

  1. 「このシステムはIE7のみサポートしています」などと制限する必要性が減ってきた
  2. グラフを含むビジュアルな画面を作ることが容易になった
  3. 外出先でスマートフォンなどでみるための画面を実現のが容易になった

 

1.「このシステムはIE7のみサポートしています」などと制限する必要性が減ってきた

 

ウェブブラウザには、InternetExplorerのほかにも、Firefox、Chromeなど、
たくさんの種類があります。

ブラウザでの処理は、JavaScriptという言語が使われるケースが多いです。
しかし、おなじ命令を書いても、InternetExplorerではこう動き、
Firefoxでは違う動きをする、ということがあり、これがプログラマを泣かせてきました。

そのために、テストはInternetExplorer7だけで行い、動作保証対象を限定する、
ということが多くの開発現場で行われてきたのでした。

しかし現在、jQueryなどといった、各ブラウザのJavaScript言語の違いを吸収し
さらに使いやすくしたライブラリが出てきており、
こういった問題に頭を悩ませる機会は減ってきています。

 

2.グラフを含むビジュアルな画面を作ることが容易になった

 

もしかするとお聞き及びのあるかもしれない単語「HTML5」。

HTMLというと、文書をタグでマーキングするので有名な言語です。
プログラムをしなくても、ホームページを作るなどでHTMLをご存じの方も
多いのではないでしょうか。

このHTMLの、第5回目となる大きな改訂版を「HTML5」として呼んでいます。
そして、HTML5では、グラフを書く機能もサポートされます。

以前のHTMLでグラフを表示しようとすると、「グラフの画像」を
ページに貼り付けることしかできませんでした。
このことが理由で、プログラムが自動的にグラフをウェブページに表示するのには
大変な苦労が必要でした。

業務用システムで必要不可欠なケースも多いグラフが、
HTML5によって、すでにクラウドシステムでも比較的容易に実現できるようになっています。

 

3.外出先でスマートフォンなどでみるための画面を作るのが容易になった

 

ガラケー時代、外出先で社内システムの情報を参照するには、
さまざまな制約(ページあたりのサイズや文字コードの指定など)がありました。
このため、「携帯用サイトを作る」となると、それなりの費用が必要でした。

スマートフォンですと、とくに専用の対応をしていなくても参照することは可能です。

ただ、PC用の画面を小さなスマホ画面でみるわけですから
そのままですと大変見づらいです。

現在は、PC用の画面を、小さなスマホ画面でも見やすくしてくれるような
Twitter Bootstrap というデザイン用のライブラリができています。

これを組み込むことで、スマホも画面がみにくくなりにくいように
ととのえて表示することができるようになっています。

 

 

以上のように、企業内の業務システムをクラウドで使うための環境はどんどん整ってきていると思います。

ただ、特殊なUIとはどうしても相容れない場合があります。
「特殊」というのは、「テキストボックスで改行を押すと、つぎのテキストボックスに移動する」
といった、ウェブブラウザの標準的な動作と異なる挙動のことです。

敷居は低くなってきていますが、こういった問題点も考慮に入れておくとよいと思います。

このページの著者

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

  1. 中小企業さま向けの社内向け営業支援、顧客管理、経営数値管理システム

    経営数値をリアルタイムで見える化し、目標達成度を常に把握することができ、顧客へのフォローもスムースになります

  2. 中小企業さま向けの受発注管理、請求入金管理、在庫管理

    御社特有の受発注業務、出荷処理をシステム化することで業容拡大への大きなお手伝いとなります

  3. 医療業界向けの業務改善システム

    ※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「 ムジンワリ 」をご提供しております。

  4. IoTシステムの開発

詳しくは ご提供サービス を参照してください。

お読みいただきありがとうございました

システムの発注は、近所の業者のほうがよいでしょうか

エクセルで業務管理するメリット

こちらもおすすめ

システム化の相談はしてみたけれど...

中小企業のシステム導入に心強い補助金

訪問効果のある近所のお客様を探す顧客管理システムとは

お客様とのつながりを点数化し分析する

お客様との接点を記録することのメリット

顧客管理システムの目的は名簿作成ではない

顧客との接点を増やし売上をあげるシステム

お客様とのやりとりの記録のススメ

遠くのシステム会社が安い金額の提案をしてきたら?

システム会社に社内システムの保守を依頼するには