社内クラウドで情報共有するときは

公開日:2014/01/20

この記事は、書かれてから 7 年以上経過しており、内容が古い可能性があります。

「クラウド」という言葉が一般的になってきたためか、
「社内のシステムもクラウドでやりたい」というお客さまも増えているような気がします。

この言葉を聞いて、その意味するところを考えると、下記のどれかかな、と想像します。

  1. 社内システムも、クラウドのように、ブラウザ+インターネット という形で使いたい。
  2. 社内システムは、すでにあるクラウドサービスを利用して、安価に構築したい。
  3. すでにある社内のサーバー類の余剰ハードディスク等を、クラウドインフラとして外部に提供したい

3.は可能性としてはありえるのですが、このリクエストをいただいたことはまだありません。
Amazonが、サーバーの余剰部分を仮想サーバーAWSとして
外部に貸し出ししているようなことをやる、というお話です。

2.は、やりたいことが決まっていて、それを実現できるクラウドサービスがあれば、
わざわざ弊社に問合せしなくてもやられているお客さまがほとんどです。
スケジュール管理やタスク管理などをしたい場合はサイボウズLiveというのもあります。
似たサービスはたくさんあります。

 

そういうわけで、「社内のシステムもクラウドでやりたい」といわれたとき、
可能性としては1.の内容かな、と思ってお話を聞きます。

一番大きなメリットは、「情報共有」です。
同じ社内システムを使うことで、社内の事務職の方と、社外の営業職の方が、
電話などのやりとりなしに情報共有を行うことが容易になります。

最近の技術進展に伴って、スマホやタブレットでも見やすく作ることが可能になっていますので
そういった対策をして作れば、なお情報共有がやりやすくなると思います。

 

この考え方は、「社内システムをインターネットからアクセスできるとこに設置する」というもので、
これが「情報共有」というメリットを生むわけですが、
このことが「セキュリティ」というデメリットを生みます。

インターネットからアクセスできる、というのは「だれでもアクセスできる」ということです。

「絶対に社外に漏れてはならない情報」はクラウド=インターネット上に
保存すべき情報とはいえません。

すくなくとも、社内システムはGoogleなどの検索エンジンの検索結果に載らないように
対策を施しておく必要はあると思います。
また、やむをえず重要な情報を保存する場合は、httpsで始まるURLにすることをお勧めします。

このページの著者

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

  1. 中小企業さま向けの社内向け営業支援、顧客管理、経営数値管理システム

    経営数値をリアルタイムで見える化し、目標達成度を常に把握することができ、顧客へのフォローもスムースになります

  2. 中小企業さま向けの受発注管理、請求入金管理、在庫管理

    御社特有の受発注業務、出荷処理をシステム化することで業容拡大への大きなお手伝いとなります

  3. 医療業界向けの業務改善システム

    ※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「 ムジンワリ 」をご提供しております。

  4. IoTシステムの開発

詳しくは ご提供サービス を参照してください。

お読みいただきありがとうございました

エクセルで業務管理するメリット

外出先で、会社のデスクトップを操作できると便利ですが...

こちらもおすすめ

システム化の相談はしてみたけれど...

中小企業のシステム導入に心強い補助金

訪問効果のある近所のお客様を探す顧客管理システムとは

お客様とのつながりを点数化し分析する

お客様との接点を記録することのメリット

顧客管理システムの目的は名簿作成ではない

顧客との接点を増やし売上をあげるシステム

お客様とのやりとりの記録のススメ

遠くのシステム会社が安い金額の提案をしてきたら?

システム会社に社内システムの保守を依頼するには