中小企業で社員の主体性を上げる「みえる化」とは

公開日:2017/03/27

この記事は、書かれてから 4 年以上経過しており、内容が古い可能性があります。

結果だけ「みえる化」すればよい?

ビジネスにおいて「みえる化」という言葉は浸透してきました。
御社でも「みえる化」したい、とお考えでしょうか?

では何を「みえる化」したらよいでしょうか。
「うちは成果主義だから、結果だけみえる化できればよいよ」
という方がもしいらっしゃれば、少しもったいないです。

経営者が結果を見るためだけの「みえる化」だけでなく、
社員自身も「みえる化」によって成長できるような仕組みを、ご提案したいと思います。

 

プロセスを分解して作業に落とし込む

仕事の成果や結果は、ぽっと生まれるものではありません。

営業であれば日々の挨拶まわりなどのお客様へのアクセスをとおして
その中からビジネスの種をみつけ、提案し、仕事につなげる...

すぐれた成果には、それなりのプロセスがあるはずなのです。

 

プロセスを無視して成果だけ生まれるはずがありません。

ですから、すぐれた営業マンのプロセスに着目し、
これを作業に分解してみるとよいでしょう。

新入社員にとっては、なにもわからず右往左往するよりは
わかりやすい作業とプロセスをもとに行動すれば
成果がでやすいはずです。

 

プロセスを「みえる化」する

弊社のお客様では、そのような作業とプロセスを随時入力することで
全体の数をリアルタイムに確認できるようにシステム化されました。

営業担当者本人が、受注が少ないとき、原因をさかのぼって確認できるため
「次になにをするべきか」を判断し主体的に動けるようになった、
と大変好評です。

上司の方は、同じ情報をみて、次にどうしたらよいか、
サポートもしやすくなっているそうです。

 

プロセスを評価し、社員に成長してもらいましょう

「ウチはしっかり情報を開示しているからね」

それなのに、なかなか社員が定着しない、業績もかわらない。

もしかして、御社で開示している情報は、結果だけではありませんか?

担当者自身が、自身の行動のプロセスを数値で確認できるようにすることで
主体性をもたらし、結果につながってゆくのです。

このページの著者

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

  1. 中小企業さま向けの社内向け営業支援、顧客管理、経営数値管理システム

    経営数値をリアルタイムで見える化し、目標達成度を常に把握することができ、顧客へのフォローもスムースになります

  2. 中小企業さま向けの受発注管理、請求入金管理、在庫管理

    御社特有の受発注業務、出荷処理をシステム化することで業容拡大への大きなお手伝いとなります

  3. 医療業界向けの業務改善システム

    ※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「 ムジンワリ 」をご提供しております。

  4. IoTシステムの開発

詳しくは ご提供サービス を参照してください。

お読みいただきありがとうございました

中小企業の社内システムでは、何を「みえる化」すべきか

中小企業がシステム開発会社を選ぶ方法

こちらもおすすめ

システム化の相談はしてみたけれど...

中小企業のシステム導入に心強い補助金

お客様とのつながりを点数化し分析する

お客様との接点を記録することのメリット

顧客管理システムの目的は名簿作成ではない

顧客との接点を増やし売上をあげるシステム

お客様とのやりとりの記録のススメ

遠くのシステム会社が安い金額の提案をしてきたら?

システム会社に社内システムの保守を依頼するには

社内システムはできたあと、利用期間のほうが長い