中小企業はどのようなクラウドサービスを利用しているのか?

公開日:2017/05/31

この記事は、書かれてから 3 年以上経過しており、内容が古い可能性があります。

必要なクラウドサービスは探せばみつかる状況になりました

「クラウド」という言葉が一般的なものとなって数年経過しました。

いまでは「クラウドサービス」を使うことに抵抗のある個人、
中小企業は当初より徐々に減っているのではないでしょうか。

ところで、クラウドサービスとひとことで言っても、
いろいろなサービスがあります。

企業の活動に必要なものは、ひととおりそろっている、
といっても過言ではありません。

たとえば「給与 クラウド」と検索すれば、たくさんの給与計算に関する
クラウドサービスが候補としてみつかります。

 

最も使われているのは「社内の情報共有」を行うクラウドサービス

平成26年版 中小企業白書には、
どういったクラウドサービスが使われているのかの調査結果が記載されています。

第2節 中小企業のIT活用の効果と活用の実態

 

class="img-responsive img-thumbnail"
alt="業務領域別にみたクラウド・コンピューティングの利用状況の比較" />

一位は断トツで「社内の情報共有」でした。

物流、販売、仕入れなど企業の基幹にかかわるものは、
2012年からは利用が増えているものの、
10%以下の利用状況となっています。

基幹システムをクラウドサービスで行う、というのは
まだまだなのかもしれません。

 

中小企業がクラウドサービスに見出している価値は

中小企業は、以下の価値をクラウドサービスに見出しているようです。

1.導入までの期間が短い
2.初期コストが安い
3.技術的な専門知識がなくても導入できる

class="img-responsive img-thumbnail"
alt="規模別にみたクラウド・コンピューティングのメリット" />

中小企業の人材不足、IT人材不足はますます深刻なようですから、
3は大きくメリットになるようです。

 

メリットの多いクラウドサービスですが、
導入にあたって最も重要なことは、
「クラウドサービスはいろいろな会社が使っている」
という前提を忘れないことです。

自社独自の業務フローをクラウドサービスに当てはめるのではなく
クラウドサービスにあわせた社内業務を行うようにすることも
必要になります。

この点が難しいために、基幹システムのクラウドの利用が
進んでいないのかもしれません。

このページの著者

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

  1. 中小企業さま向けの社内向け営業支援、顧客管理、経営数値管理システム

    経営数値をリアルタイムで見える化し、目標達成度を常に把握することができ、顧客へのフォローもスムースになります

  2. 中小企業さま向けの受発注管理、請求入金管理、在庫管理

    御社特有の受発注業務、出荷処理をシステム化することで業容拡大への大きなお手伝いとなります

  3. 医療業界向けの業務改善システム

    ※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「 ムジンワリ 」をご提供しております。

  4. IoTシステムの開発

詳しくは ご提供サービス を参照してください。

お読みいただきありがとうございました

中小企業の業務のうち、パッケージソフト比率の高い業務は?

中小企業がSNS、ホームページで情報発信すると得られる効果とは

こちらもおすすめ

システム化の相談はしてみたけれど...

中小企業のシステム導入に心強い補助金

訪問効果のある近所のお客様を探す顧客管理システムとは

お客様とのつながりを点数化し分析する

お客様との接点を記録することのメリット

顧客管理システムの目的は名簿作成ではない

顧客との接点を増やし売上をあげるシステム

お客様とのやりとりの記録のススメ

遠くのシステム会社が安い金額の提案をしてきたら?

システム会社に社内システムの保守を依頼するには