ソフトウェア開発の規模を概算するための「人月」

公開日:2017/05/09

この記事は、書かれてから 3 年以上経過しており、内容が古い可能性があります。

システム業界で使われる「人月」

大きな会社で社内システムを作るとき、
その規模を見積するのに「人月」という言葉が使われるのが一般的です。

「人月」というのは、「一人が一か月で作業する規模」を指し、
また「一人月いくら」でエンジニアの値段が決まります。
これを「人月単価」といったりもします。

「作業する規模」ですから、たとえば20人月、といえば
20人が作業してできあがる規模のソフトウェア、ということになります。

5か月間、4人の人がかかりきりになって
ようやくできあがる、ということです。

 

「人月」と「人月単価」

「人月単価」をいくらにするかによりますが、
大きな会社ですと100万円前後だったりします。

20人月だと2,000万円、ということです。

「人月」という考え方をするときは
それぞれのエンジニアの生産性やノウハウなどは
ほとんど考慮に入れられることはありません。

ですから、開発費用を抑えようとするとき
「人月単価」を抑えようという方向にのみ力が働きます。

しかしそれをやりすぎると、それに見合ったエンジニアのみで
チームが構成されてしまい、残念な仕上がりになってしまいかねません。

 

「人月単価」によって見積金額が変わってしまう

「こんなことができる社内システムを作ってほしい」
といろいろなシステム会社に見積を依頼したとします。

仮に、すべてのシステム会社が、
同じ規模、20人月で見積したとします。

しかしシステム会社ごとに「人月単価」が異なりますから

「人月単価」100万円のシステム会社では2,000万円、
「人月単価」60万円のシステム会社では1,200万円、

といったように、かなり開きのある額になることはありえます。

このページの著者

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

  1. 中小企業さま向けの社内向け営業支援、顧客管理、経営数値管理システム

    経営数値をリアルタイムで見える化し、目標達成度を常に把握することができ、顧客へのフォローもスムースになります

  2. 中小企業さま向けの受発注管理、請求入金管理、在庫管理

    御社特有の受発注業務、出荷処理をシステム化することで業容拡大への大きなお手伝いとなります

  3. 医療業界向けの業務改善システム

    ※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「 ムジンワリ 」をご提供しております。

  4. IoTシステムの開発

詳しくは ご提供サービス を参照してください。

お読みいただきありがとうございました

「人月」と多重請け構造の大規模システム開発

費用が明瞭なソフトウェア、不明瞭なシステム開発

こちらもおすすめ

システム化の相談はしてみたけれど...

中小企業のシステム導入に心強い補助金

訪問効果のある近所のお客様を探す顧客管理システムとは

お客様とのつながりを点数化し分析する

お客様との接点を記録することのメリット

顧客管理システムの目的は名簿作成ではない

顧客との接点を増やし売上をあげるシステム

お客様とのやりとりの記録のススメ

遠くのシステム会社が安い金額の提案をしてきたら?

システム会社に社内システムの保守を依頼するには