費用が明瞭なソフトウェア、不明瞭なシステム開発

公開日:2017/05/08

この記事は、書かれてから 4 年以上経過しており、内容が古い可能性があります。

ほとんどロハでもできることは多い

顧客管理にしても在庫管理にしても、エクセルで管理できているうちは
ほとんど費用を意識することはないと思います。

たいていパソコンを購入すると、エクセルやワードは付属してきます。

とくに起業したてなどであればあらたな費用の発生しない、
これらのソフトウェアを徹底的に活用するのはよい選択肢です。

 

明朗会計な市販ソフトウェア

出来合いのソフトウェア(パッケージ製品)を利用することもあると思います。

例えば会計管理するためのソフトウェアやクラウドシステムを
購入する中小企業は多いと思います。

CADやイラストのためのソフト、統計分析のためのもの、といった
専門職のための専門ソフトウェアを購入するケースもあるでしょう。

こういった出来合いのソフトウェアやクラウドシステムは、
購入時にのみ費用がかかるか、
あるいは月額料金で一定額がかかるものです。

いずれにしても価格はオープンで、ホームページなどにも明記してあるものと思います。

 

システム会社によって異なる見積金額

これらに対して、社内システムを自社専用に構築する、となると、
同じ説明をしたとしても、システム会社によって出す金額はピンキリです。

なぜでしょうか。

 

社内システム構築、というのは大きくわけて以下のような項目があります。

  1. ハードウェアの購入、設定
  2. ソフトウェアの開発
  3. 保守(導入後のハード、ソフトのメンテナンス)

1つ目はどちらかといえばサーバーなどの機器類、すなわちものの金額ですので、
多少の上下はあるもののそれほど各社によっての違いはありません。

3つ目は構築後の費用なので一旦おくとして、
問題は2つ目です。

ソフトウェア開発の見積は、見積をする会社によって、
あるいは同じ会社であっても、見積をする人によってでさえ、異なります。

それはなぜなのでしょうか。
次回これについて考えたいと思います。

このページの著者

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

  1. 中小企業さま向けの社内向け営業支援、顧客管理、経営数値管理システム

    経営数値をリアルタイムで見える化し、目標達成度を常に把握することができ、顧客へのフォローもスムースになります

  2. 中小企業さま向けの受発注管理、請求入金管理、在庫管理

    御社特有の受発注業務、出荷処理をシステム化することで業容拡大への大きなお手伝いとなります

  3. 医療業界向けの業務改善システム

    ※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「 ムジンワリ 」をご提供しております。

  4. IoTシステムの開発

詳しくは ご提供サービス を参照してください。

お読みいただきありがとうございました

ソフトウェア開発の規模を概算するための「人月」

エクセルで在庫管理は可能?

こちらもおすすめ

システム化の相談はしてみたけれど...

中小企業のシステム導入に心強い補助金

訪問効果のある近所のお客様を探す顧客管理システムとは

お客様とのつながりを点数化し分析する

お客様との接点を記録することのメリット

顧客管理システムの目的は名簿作成ではない

顧客との接点を増やし売上をあげるシステム

お客様とのやりとりの記録のススメ

遠くのシステム会社が安い金額の提案をしてきたら?

システム会社に社内システムの保守を依頼するには