PDFだけでなく、WordやExcelの自動生成も検討すべき

公開日:2017/02/21

この記事は、書かれてから 4 年以上経過しており、内容が古い可能性があります。

昨日はPDF生成を推奨するような書き方をしましたが、そうではない場面もあります。

 

以前、あるシステムで、「議事録を自動生成したい」という要望がありました。

そのシステムでは、議事録の各議題や参加者、といった情報は管理していましたが、議事録を記録するような機能はありませんでした。

よくよくヒヤリングしてみると、

議事録の議題や参加者などを、ひな形どおりに生成し、
会議中はこれに記入し、
あとで清書したい

という要望でした。

 

このケースでは、PDFではないほうがよいと判断しました。

いったん作成した議事録ひな形に、あとから議事内容を追記(編集)するわけですから、
システムが作成する議事録ひな形は編集可能だったほうがよいことになります。

 

なるべく多くの人が閲覧可能なファイル形式といえば、現在ではPDFといえると思いますが、
いったい、なるべく多くの人が編集可能なファイル形式とはなんでしょうか。

その時はWordファイル形式を採用しました。

以前はこのファイル形式は謎に包まれていましたが、
現在では仕様が公開されており、Microsoft Word でなくても、Word ファイルを作成することができるようになっています。

また、そのお客様はWindowsを使っておられ、Microsoft Word もインストールされていました。

 

お客様の業務フロー、利用環境に応じて、ときにWordやExcelで自動生成することも選択肢にいれたほうが、
お客様にとってわかりやすく使いやすいシステムになることもある、という例です。

このページの著者

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

  1. 中小企業さま向けの社内向け営業支援、顧客管理、経営数値管理システム

    経営数値をリアルタイムで見える化し、目標達成度を常に把握することができ、顧客へのフォローもスムースになります

  2. 中小企業さま向けの受発注管理、請求入金管理、在庫管理

    御社特有の受発注業務、出荷処理をシステム化することで業容拡大への大きなお手伝いとなります

  3. 医療業界向けの業務改善システム

    ※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「 ムジンワリ 」をご提供しております。

  4. IoTシステムの開発

詳しくは ご提供サービス を参照してください。

お読みいただきありがとうございました

詳細画面では、関連する情報にもアクセスしたい

PDFダウンロードは、印刷の代替となるか

こちらもおすすめ

システム化の相談はしてみたけれど...

中小企業のシステム導入に心強い補助金

お客様とのつながりを点数化し分析する

お客様との接点を記録することのメリット

顧客管理システムの目的は名簿作成ではない

顧客との接点を増やし売上をあげるシステム

お客様とのやりとりの記録のススメ

遠くのシステム会社が安い金額の提案をしてきたら?

システム会社に社内システムの保守を依頼するには

社内システムはできたあと、利用期間のほうが長い