中小企業がシステム導入を考えるときに

公開日:2017/03/13

この記事は、書かれてから 4 年以上経過しており、内容が古い可能性があります。

中小企業の社長がシステム化を考えはじめるとき

私の感覚だとだいたい10名前後、またはそれくらい社員を抱えるような売上に達したとき、
中小企業の社長は社内業務のシステム化を具体的に考えはじめるように思います。

それまでは大抵、社長が一人または数名で立ち上げた時に行っていたやり方を踏襲して、
Excelで顧客一覧を管理していたり、見積書を作っていたりします。

もう一歩進んで、Excelのマクロを使ったり、または詳しい社員の方が
Accessで簡易的な自動化を実現したりもしている場合もあります。

 

しかし、そんな工夫をしても、やはりこのままでは業務が立ち行かなくなりそうだ、とか、
経営上の数値が見えにくくて何とかしたい、
といった問題意識が徐々に強くなるのが、およそ10名前後くらいの会社の規模なのかな、と思っています。

 

システム会社をB2Bサイトで探す

その段階で、さて、誰に相談しようか、となるわけです。

いまはインターネットのB2Bサイトで、システムを作る会社や個人事業主を探すのが容易になりました。

弊社とお取引させていただいている中小企業のお客様も、はじめから弊社ではなく、
そういったB2Bサイトで取引し、やめて、別の取引先をさがし、と、
紆余曲折してこられたところもあります。

 

B2Bサイトでのよい出会いが難しい、という話ではありません。

そういった何回かの取引を通して、ようやくシステム会社との意思疎通ができるようになった、
ということなのではないでしょうか。

 

システム会社はエンジニアの頭で理解する

システム会社はシステムのプロではありますが、
それぞれの中小企業様の会社の業務についてはプロではありません。
その会社の、その業界の会社の経営についてもプロではないのです。

したがってお客様からヒヤリングしてシステムを設計しようとするわけです。

しかし、やはりシステム会社が想像すらしていないようなことがあるはずなのです。

なぜかといえば、システム会社のエンジニア、または営業の担当者は、
どうしてもシステム寄りに考えてしまうからです。

 

システム会社に要望を伝えるための前提は

数回の取引を通して、それを何となく感じ取ると、
何をどう伝えればよいか、がわかってくるのかもしれません。

しかしそのように皆が試行錯誤しなければいけない、というのはもったいないことだと思います。

 

どういったことをお聞きすれば、お客様の意図をより理解できるか、
弊社でもいくつかのポイントがあります。

あくまでシステム会社の視点ではありますが
ここから何回かで、弊社が気を付けているポイントを書いていきたいと思います。

もちろん、ここで述べていくことが絶対、というわけではありませんが
なにかの参考になれば、という程度にお読みくださればと思います。

このページの著者

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

  1. 中小企業さま向けの社内向け営業支援、顧客管理、経営数値管理システム

    経営数値をリアルタイムで見える化し、目標達成度を常に把握することができ、顧客へのフォローもスムースになります

  2. 中小企業さま向けの受発注管理、請求入金管理、在庫管理

    御社特有の受発注業務、出荷処理をシステム化することで業容拡大への大きなお手伝いとなります

  3. 医療業界向けの業務改善システム

    ※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「 ムジンワリ 」をご提供しております。

  4. IoTシステムの開発

詳しくは ご提供サービス を参照してください。

お読みいただきありがとうございました

システム会社には、やりたいことより背景を説明する

受注、発注などの登録、編集画面での明細行

こちらもおすすめ

システム化の相談はしてみたけれど...

中小企業のシステム導入に心強い補助金

お客様とのつながりを点数化し分析する

お客様との接点を記録することのメリット

顧客管理システムの目的は名簿作成ではない

顧客との接点を増やし売上をあげるシステム

お客様とのやりとりの記録のススメ

遠くのシステム会社が安い金額の提案をしてきたら?

システム会社に社内システムの保守を依頼するには

社内システムはできたあと、利用期間のほうが長い