効果的なウェブシステム開発のイルカシステム

イルカシステムの最新記事

手作業による「みえる化」 「みえる化」といいますと、システム導入の代名詞のような印象すらありますが、 手作業でももちろん可能です。 たとえば、メールで受注情報や引き合い情報を報告してもらい、 Excelなどでまとめ、集計して紙で配布する、貼り出す、 というのも立派な「みえる化」といえます。   結果だけでなくプロセスもみえる化しておけば、 掲示によるプレッシャーも良い方向に働き...
結果としての数値 現在の自社の売上を確認する、というとき、 月ごとの「受注数」や「売上高」が、確認すべき数値としてあげられるとおもいます。 これらは「結果」の数値です。 「結果」の数値は、ほかにも、 「問い合せの数(反響数)」や「クレームの数」、 「反響が契約につながった(つながらなかった)数」 などなどがあります。 こういった「結果」の数値は、全体の状況を確認...
結果だけ「みえる化」すればよい? ビジネスにおいて「みえる化」という言葉は浸透してきました。 御社でも「みえる化」したい、とお考えでしょうか? では何を「みえる化」したらよいでしょうか。 「うちは成果主義だから、結果だけみえる化できればよいよ」 という方がもしいらっしゃれば、少しもったいないです。 経営者が結果を見るためだけの「みえる化」だけでなく、 社員自身も「みえ...
社内システムの構築は失敗できません 中小企業にとって、社内システムの構築は失敗できないものです。 それなりの投資をして時間をかけたはずなのに、 社員の負担は軽減されず、なんだか期待外れ... AS-IS(現状)をどれだけ丁寧に伝えても、 TO-BE(理想、システム導入後の姿)を真剣にレビューしても、 あるいはちゃんとした責任者を立てても、 その後もシステム会社と協力し...
システム化の検討段階では様々な作業があります AS-IS(現状)をシステム会社に説明し、 TO-BE(理想、システム導入後の姿)の提案を受けて以降、 さらに詳細な検討に入っていきます。 基本的にはシステム会社が行うことですが、 その中で打合せを行い、提案資料を確認し、社内の資料を準備し、 といった様々な作業も発生します。 そういった作業は、だれがやるのでしょうか? ...
1.純正ownCloudアプリ ownCloud,Inc. から純正のクライアントアプリがでています。   2.無料のownCloudアプリ 無料のownCloudアプリはいくつかありますが、 使い勝手がよいな、と思ったのはこちらのアプリです。 レビューはひとつもついていませんが、 この会社からはたくさんのアプリが出されており 技術...
Owncloudにセキュリティ脆弱性報告 先日、owncloudのセキュリティ脆弱性の報告を受けました。 ownCloudは、DropboxやBox.net のような、クラウドストレージサービスを 自前で構築できるオープンソースです。 現在は、バージョン9.1になっています。   これまではownCloud 8.2.5 を利用していました。 セキュリ...
レアケースと夢 前回、AS-IS(現状)とTO-BE(理想)について書きました。 AS-ISの中では、 「こういうケースがある」「ああいうケースもある」 と、様々な例外ケースを挙げてくださる方もいます。 これはシステムにとっては重要なことで、 なにが基本で、どのような例外があって 例外にはどう対処するか、考えておく必要があるからです。   また、...
AS-ISとTO-BE AS-IS、TO-BE、という言葉があります。 コンサルティング業界や、システム業界で使われる言葉です。 AS-IS は、あるがまま、現状のことを意味し、 TO-BE は、あるべき姿、理想の状態を意味しています。 As-is,To-be » コンサルティング用語 - コンサルタントブログ http://www.consultant-b...
サイトにつながりにくくなる... 夜中の3時にスマホが震えまして、なにかなと確認してみると このホームページが表示できない旨のアラートが届いていました。 おそらくWordPressへのDDoS攻撃だろう、と思ってみると、やはりそのとおりでした。 DDoS攻撃 - Cisco http://www.cisco.com/c/ja_jp/about/newsroom/techn...
作りたい画面を伝える もし社長ご自身がある程度のシステムを使ったことがあれば 「こういう画面でこういうことができれば、社内の業務がうまくまわるようになるのに」 と考えることもあると思います。 すでに使っているシステムがあり そのシステムの改修を頼めるシステム会社との取引もあれば、 その意図をそのまま伝えればおおむね期待通りのものができると思います。 しかし、中小企業が、社内システムをはじめ...
中小企業の社長がシステム化を考えはじめるとき 私の感覚だとだいたい10名前後、またはそれくらい社員を抱えるような売上に達したとき、 中小企業の社長は社内業務のシステム化を具体的に考えはじめるように思います。 それまでは大抵、社長が一人または数名で立ち上げた時に行っていたやり方を踏襲して、 Excelで顧客一覧を管理していたり、見積書を作っていたりします。 もう一歩進んで、...
受注情報で管理すべき項目は、単に「お客様名」「受注日」「担当者」だけでなく 「商品名」「数量」「単価」といったの明細情報も含まれます。 一般的には、一度の受注情報で複数個の商品を注文しますので これらの明細情報は受注情報に対して複数個指定できる必要があります。 こういった明細情報を含む登録、編集画面は、受注だけでなく 発注(注文)や見積、請求などの機能においても使われるものです。...
1日に多くの受注があり、午前中までの受注は当日発送する、 といったルールの中小企業様もあるかと思います。 このような場合、受注は電話、メール、FAX、ウェブサイトなどで受け、 前日午後からの分を一気に受注管理システムに入力する、といった流れになると思います。   新規登録を一件ずつ行う 弊社にも、上述のような業務の流れのお客様がおられます。 このお客様にも社内ウェブシステムを...
以前は、フォームに入力した情報を保存するためには「保存」ボタンを押すのが一般的でしたが、 最近では「保存」ボタンなしに自動的に保存されるようなものも増えてきました。 とくにスマホのアプリなどでよく見られるように思います。   システムで自動保存されるメリット 自動で入力情報が保存される最大のメリットは、入力中に不測の事態がおきても、 入力情報がある程度保存されていることです。 ...
顧客の好きなものをいくつかの選択肢から複数選んで記録する、といったような場合 どういったフォームを使えるでしょうか。 ウェブシステムでとりうるのは二種類あります。 前回も少し触れましたが、一つは「チェックボックス」です。 そしてもう一つは「セレクトボックス」です。   チェックボックスで複数選択する お客様のすきなラジオ局を選ぶ場合、チェックボックスでは以下のようなフォームにな...
顧客が入会前である、入会中である、退会した、とか、 受注情報の配送手配がまだである、手配中である、 などのように、システムでは情報の状態を管理する必要があります。 こういった情報は、どのようなフォームを使うと利用者の方にわかりやすいでしょうか。   ラジオボタンで状態を管理する 複数の候補から一つを選ぶ、となればラジオボタンでしょう。 入会前 ...
国内に限定すると、7桁の郵便番号がわかれば 都道府県、市町村くらいまではある程度特定できます。 このことを利用し、比較的多くのシステムにおいて 郵便番号を入力することで住所の一部まで自動入力されるような 仕組みが導入されています。   とくにウェブシステムにおいては、以下の2パターンで 実現されていることが多いです。 1.郵便番号を入力後、「住所を入力」ボ...
前回はドロップリストとラジオボタンについてふれましたが、 100件を超える候補がある場合、どちらを使うべきでしょうか。 100件を超えるドロップリストの候補から、 スクロールして一つの候補を選び出すのも悪夢ですが、 100件分のラジオボタンが画面を埋め尽くすのもまた、悪夢です。   最新のHTML(HTML5)からは、データリスト(datalist)という機能が追...
顧客情報の住所、都道府県を選ぶとき、どのようなフォームを使うでしょうか。 すぐに思い浮かぶのは、以下のフォーム、ドロップリストフォームだと思います。 (未選択) 北海道 東京 このフォームは、複数ある選択肢のうち一つを選んでもらうものです。   似たようなフォームとして、以下のようなラジオボタンフォームがあります。 ...
ウェブシステムにおける代表的な入力フォーム、といえば、テキストフォームです。 以下のようなものです。よく見かけると思います。 このテキストフォームは改行を含まないテキスト情報を入力するために使います。 ですので、日本語だけでなく、英数字記号でも問題ありませんので 郵便番号、電話番号、氏名、それから単価、数量といった数値の入力にも使います。 &nbs...
新規登録、編集画面は、情報の入り口だからこそ、その項目の説明が重要です。 しかし、いくら説明する、といっても、あまり長すぎる説明は読まれません。 例えば、以下のような「お客様名」欄の説明はどうでしょうか。 「お客様名」は、受注請書の宛名欄に印字されます。 この項目は最大30文字までで、日本語、英数字、記号の入力を許可します。 この項目が空欄だと、受注情報は保存でき...
前回、「制約はコメントとして明示したほうが優しい」と書きました。では、システムの制約だけ明示しておけば充分なのでしょうか。   とある受注請書PDFを考えてみましょう。 受注情報の「お客様名」は、受注請書の宛名欄に印字されそうな気がします。「お客様電話番号」も、きっと宛名欄のあたりに印字されることでしょう。 そして「商品名」は受注請書の明細部分の商品名欄に印字されそうです。「数量...
新しい情報をシステムに登録するための「新規登録画面」、 一度システムに登録した情報をアップデートするための「編集画面」、 これらの画面は、どういった点を考慮しておくと、利用者の方にわかりやすく迷いにくいものになるでしょうか。 今回から数回、この問いについて考えたいと思います。   「編集画面」は、一覧画面で情報を検索し、該当の情報を選んだ上で開く画面です。 一方、「新規登録画面」...
たとえば顧客管理システムでは、主に管理対象となるのは顧客情報ですが、 この周辺情報として、たとえば顧客との問合せ&応対履歴や、顧客との契約・受注等の履歴、請求・入金の履歴など多くのものが考えられます。 問合せ&応対履歴を考えた時、この情報はどのように表現すれば、使う方にとってわかりやすいのでしょうか。   問合せやそれに対する応対情報を登録する場面を考えてみると、以下の点が挙げられ...
昨日はPDF生成を推奨するような書き方をしましたが、そうではない場面もあります。   以前、あるシステムで、「議事録を自動生成したい」という要望がありました。 そのシステムでは、議事録の各議題や参加者、といった情報は管理していましたが、議事録を記録するような機能はありませんでした。 よくよくヒヤリングしてみると、 議事録の議題や参加者などを、ひな形どおりに生成し、 会議中はこれ...
ブラウザの印刷ボタンが、ウェブシステムの印刷機能として使いづらいとすると、どうするとシステムとしてわかりやすいのでしょうか。   お読みになっている方はおおかたお察しのことと思いますが、 多くのウェブシステムで使われているのは「PDF生成」です。 たとえば、受注情報詳細画面に「受注請書PDF作成」というようなボタンがあり、 これを押すと、今見ている受注情報に基づく受注請書のPDFフ...
業務用のウェブシステム、一般向けのウェブサイト、どちらにもいえることですが、 「印刷する」ことが必要となる場面がよくあります。 しかし、ブラウザの印刷ボタンを押して印刷してみても、 どうも思った通りの印刷結果にならない、という経験はどなたにもあるのではないでしょうか。   とくにウェブページ側で、印刷について考慮していなければ、「思った通りの印刷結果にならない」ことになりがちです。...
ある情報には、それに対する操作があります。 顧客情報を例にとると、 顧客情報を確認、照会する 顧客情報を編集する 顧客情報を削除する 顧客を退会状態にする 顧客へ督促する 顧客の宛名用ラベルを印刷する 顧客住所をもとに地図を表示する 顧客からの問い合わせを登録、編集する 顧客への回答を登録、編集する 顧客からの注文を登録、編集する などなど、情報そのものを扱う操作だけでなく、顧客との関連...
システムの一覧画面に表示できる項目の数は、ほんの限られたものですが、 例えば顧客についての情報は大変多岐にわたるため、一覧画面には表示しきれません。 このため、たいていのシステムではは顧客情報の「詳細を表示するための画面」、すなわち「詳細画面」が用意されます。   詳細画面は、基本的な登録情報を表示するための画面ですが、ほかにもいくつかの役割があります。 基本的な登録情報の照...
昨日はレスポンシブについて触れましたが、 その中で「スマホ対応するには、レスポンシブ対応だけではたりない」と書きました。 日付け入力のフォームをスマホ用にするとか、 ドロップダウンリストはなるべく避けてラジオボタンにするとか、 いろいろあると思うのですが、とくに考慮したいのは一覧画面のテーブル、表の表示です。   ウェブでテーブル、表の表示に一般的に用いられるのは...
現在の検索エンジンは、そのウェブサイトがスマホに対応しているかどうかまでみて、 スマホでの検索結果とパソコンでの検索結果を違えているそうです。 スマホに対応、というのは、スマホでみたときに、文字の大きさも適切で、 ページの動線、レイアウトも適切に表示されている、という意味です。   ところで、パソコンで見る用のページと、スマホで見る用のページを二つ用意するとなると、それだけで手間が...
人間が一度に記憶できる数には限りがあり、 平均して7つ程度の項目を覚えていられるそうです。 これは、覚えようとして覚えるもの(短期記憶、長期記憶)だけでなく ぱっとみて意味を理解せずに1秒程度覚えていられる「感覚記憶」でも同じことがいえるそうです。   一覧画面では一ページあたり7件だけ表示する? たとえば顧客一覧画面で、7件程度であれば、 ぱっと見たと...
システムに蓄積した情報を、どのように検索できるようにすると、 より直観的でわかりやすいのでしょうか。 ある程度の目安はあると思います。 たとえば... 日付項目は、FROM用、TO用の2つの項目を用意し、範囲で検索できるようにします 状態や区分を表す項目の場合(「出荷前」「出荷手配中」「出荷済」など)、 それぞれの状態ごとのチェックボックスを用意します。 複数のチェッ...
たとえば、化粧品と医薬品を販売している会社ですと、 それぞれ注文を処理する担当者が別なことも多いと思います。 Aさんは化粧品部門の商品への注文を処理し、 Bさんは医薬品部門の商品への注文を処理するとします。 ここで社内システムの注文履歴一覧があったとして、 この2人の立場にたつと、注文履歴の検索条件は、それぞれ以下のようになっていて欲しいだろうと想像できます。 Aさんは、未処理の「化粧品部...
業務用システムで、情報を検索するための機能は、 どのように実現するとわかりやすいのでしょうか。   検索機能の実装には、大きく分けて2つのパターンがあると思います。 一覧画面の上部に検索用の枠があるパターン。 検索用の画面が独立しているパターン。   受注情報の一覧を例に考えてみましょう。 1.は、検索機能は受注一覧画面の、多くの場合上部に位置します。 初期状...
システムに登録されている情報の件数が増えると、めあての情報が見つけづらくなります。 そのため、一覧画面とその検索機能は表裏一体のものです。 それでは、どのような検索機能が使いやすく、わかりやすいのでしょうか。   検索機能と一覧画面との関係は、以下の2つに大別できると思います。 一覧画面の上部に検索用の枠があるパターン。 利用者は検索条件を入力することなく、情報を一覧で参照する...
システムの一覧画面に表示する項目を決める際の指針を、 以下のようにしている、ということを昨日ご紹介しました。 キーとなる項目。 その情報を特定する項目。 その他表示しておいたほうがよい、データの「状態」。   「1.キーとなる項目」というのは、 その情報を特定できる情報です。 少しシステム寄りの話になりますが、 たいていの情報には、これを唯...
お使いのパソコンやスマホの画面サイズとフォントの大きさとの関係から、 システムの一覧画面には必ずしもすべての情報を表示できるわけではありません。 たくさんの情報を表示しすぎると文字が小さくなりすぎたり、一覧性が損なわれたりするためです。 それではどのようにして、一覧画面に表示するべき項目を決めたらよいのでしょうか。   これはあくまで私の考えですが、以下のような...
たとえば、顧客管理システムを例にとったとき、 一覧画面に表示するべき項目にはどういったものがあるでしょうか。   顧客管理ですから、 お客様の名前 住所や電話番号などの連絡手段 といったところが基本項目になると思います。 あとは「どういったお客様情報を管理するか」、 もっといえばこの顧客管理システムを使う方の業種によって 必要な項目はかわ...
なるべくシステムの説明書をなくし、 見ただけでおおよその使い方をわかってもらうようにするには、 どうしたらよいでしょうか。   いろいろと考え方はあるかと思いますが、 ひとつには各機能の画面の構成を統一することが重要だと思います。 使ったことのあるシステムを想像されると お気づきになると思いますが、 たいていのシステム(ウェブシステムでも、スマホアプリでも、W...
受注・売上管理のシステムでよくみられるのは、 ある画面でひたすら似た作業をする、といった光景です。 たとえば... 銀行口座の入金情報をみて、受注情報を入金済にする または... 入金が済んだ売上情報をみて、出荷作業して、済んだら出荷済みにする   御社のシステムでは、 作業「済」になった情報は、どのように表示されていますか?   ...
先日以下のようなご相談がありました。 「Chrome拡張機能を使って、Chrome を最小化するときに、ある特定の処理を行いたい」 Chrome拡張機能というのは、Chrome ウェブストア からインストールできる Chrome 専用のアプリケーションのことです。 弊社では以前「Chrome拡張機能「クーポンチェッカー」」でご紹介した内容で開発を行ったことがあり、おそらくこの記事...
先日、ウェブサイトをライブタイル対応する記事を書きました。 ライブタイルに画像を表示するためには、サイズを200KB以下にしたほうがよいようです。 そして、ライブタイル自体が正方形なので、画像も正方形になっていたほうが「意図したとおり」に近い形で表示されやすくなります。 そこで、撮りためた写真をライブタイルに表示するために、サイズを縮小するついでに、人物の顔を中心にもってきて正方形に...
Windows8からあたらしく追加されたけれど、わりと不評な「スタート画面」ですが、私は好きです。 もちろん(?)、最初にノートパソコンで「スタート画面」をみたときには拒否反応がありました。 しかしながら、Windowsをタブレットとして使い、「スタート画面」に時計、スケジュール、写真、ニュースのタイル(メニュー)を追加すると一気に好きになりました。 スタート画面を開くと、時計と...
Windowsタブレット(Lenovo Yoga Tablet 2 with Windows8 10inch)を導入しました。 導入して数週間ですが、使ってみると想像以上にビジネスユースに向いていると感じました。 Windowsタブレット全般、というよりも、本製品(Lenovo Yoga Tablet 2 with Windows8)だったからこそそう感じた部分もあります。 今回...
ブラウザだけで!ウェブシステムを自動作成、その場で動作確認できる『イルカベーカリー』   ブラウザでデータを定義するだけで、ウェブシステムのプロトタイプサイトを自動構築、動作確認、さらに、自動構築したプログラムのダウンロードまでできるサービス「イルカベーカリー」を、2015年8月26日に公開いたしました。   イルカベーカリーの特徴 ...
いつもありがとうございます。 イルカシステム(株)も初年度決算を迎えることができました。 先日、法人会・税務署主催の決算説明会に参加してきたのですが、 その場で「法人番号と個人番号」についてアナウンスがありました。 社会保障・税番号制度(2)個人番号に関する質問 http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/faq/faq2.html ...
外出先のパソコンから、社内のファイルサーバにあるファイルをみたい場合 どうされているでしょうか。 できるだけ費用をかけずにこのことを実現するために どのような手段がよいのか試行錯誤してきたのですが、 ようやく落ち着いたのでまとめておきたいと思います。   TeamViewer 有名なソフトウェアです。 以前も紹介しました。 TeamViewer ...
DropBoxを皮切りに、いまは多くのクラウド・ストレージサービスが存在しています。 Box.net, OneDrive(Microsoft), SugarSync.... 利点はいろいろとあると思いますが、およそ以下のようなところでしょうか。 常に自動的にファイルをバックアップしているのと同義なので、安心感がある クラウド・ストレージに置くことで、複数のPC(デスクトップ...

お問い合わせ




会社概要

<p>イルカシステム(株)</p>
<img src="http://www.iruka-system.co.jp/wp-content/uploads/2017/01/WS000000.png" alt="会社概要 住所" width="243" height="84" class="alignnone size-full wp-image-49" />
<div class="alert alert-warning">
2017/1/1より、住所変更いたしました。
</div>
<p><span class="label label-success">TEL</span> 03-5843-9168</p>