要件定義一覧

品質に優れたパッケージシステム パソコンにインストールする形のものであれ、 クラウドで提供されているものであれ、 すでにできているソフトウェア製品(パッケージシステム)であれば、ある程度の品質は担保されています。 計算結果が違うとか、改ページしたら検索条件がなくなった、 などのようなあきらかな不具合はほとんど出会わないでしょう。   例外に対応しきれないパッケージシステム 一...
システム会社のいう「品質」 一般的に、システム、ソフトウェアの品質、といいますと 「不具合がないこと」を指します。 不具合とは、システム、ソフトウェアの構築前に定めた 仕様(要件、設計)を満たしていないことです。 しかし、この考え方は、あくまで一般的なシステム会社が そういっている、というものです。   なんだか「おかしい」直感にあっていないシステム ...
いろいろなシステム会社を見つけやすくなりました いまはB2B取引の仲介サイトも増え、 どんな企業であっても遠くにある(一見取引条件のよい=安い)企業を 見つけやすくなりました。 中小企業が自社システムの構築を行いたい場合もそうです。 それでは、安そうで遠くにあるシステム会社と 高そうで近くにあるシステム会社から連絡があった場合 どちらを選ぶべきでしょうか。 &nbs...
社内システムの構築は失敗できません 中小企業にとって、社内システムの構築は失敗できないものです。 それなりの投資をして時間をかけたはずなのに、 社員の負担は軽減されず、なんだか期待外れ... AS-IS(現状)をどれだけ丁寧に伝えても、 TO-BE(理想、システム導入後の姿)を真剣にレビューしても、 あるいはちゃんとした責任者を立てても、 その後もシステム会社と協力し...
システム化の検討段階では様々な作業があります AS-IS(現状)をシステム会社に説明し、 TO-BE(理想、システム導入後の姿)の提案を受けて以降、 さらに詳細な検討に入っていきます。 基本的にはシステム会社が行うことですが、 その中で打合せを行い、提案資料を確認し、社内の資料を準備し、 といった様々な作業も発生します。 そういった作業は、だれがやるのでしょうか? ...
レアケースと夢 前回、AS-IS(現状)とTO-BE(理想)について書きました。 AS-ISの中では、 「こういうケースがある」「ああいうケースもある」 と、様々な例外ケースを挙げてくださる方もいます。 これはシステムにとっては重要なことで、 なにが基本で、どのような例外があって 例外にはどう対処するか、考えておく必要があるからです。   また、...
AS-ISとTO-BE AS-IS、TO-BE、という言葉があります。 コンサルティング業界や、システム業界で使われる言葉です。 AS-IS は、あるがまま、現状のことを意味し、 TO-BE は、あるべき姿、理想の状態を意味しています。 [blogcard url="http://www.consultant-blog.com/words/item_17070.html"...
作りたい画面を伝える もし社長ご自身がある程度のシステムを使ったことがあれば 「こういう画面でこういうことができれば、社内の業務がうまくまわるようになるのに」 と考えることもあると思います。 すでに使っているシステムがあり そのシステムの改修を頼めるシステム会社との取引もあれば、 その意図をそのまま伝えればおおむね期待通りのものができると思います。 しかし、中小企業が、社内システムをはじめ...
中小企業の社長がシステム化を考えはじめるとき 私の感覚だとだいたい10名前後、またはそれくらい社員を抱えるような売上に達したとき、 中小企業の社長は社内業務のシステム化を具体的に考えはじめるように思います。 それまでは大抵、社長が一人または数名で立ち上げた時に行っていたやり方を踏襲して、 Excelで顧客一覧を管理していたり、見積書を作っていたりします。 もう一歩進んで、...

2017年3月9日 新規保存と連続作成

1日に多くの受注があり、午前中までの受注は当日発送する、 といったルールの中小企業様もあるかと思います。 このような場合、受注は電話、メール、FAX、ウェブサイトなどで受け、 前日午後からの分を一気に受注管理システムに入力する、といった流れになると思います。   新規登録を一件ずつ行う 弊社にも、上述のような業務の流れのお客様がおられます。 このお客様にも社内ウェブシステムを...