社内システム一覧

2017年6月22日 IT投資のアドバイザー

IT投資をしないのは人材がいないから? 前回参照したグラフ、「IT投資未実施企業の、IT投資をしない理由」をもう一度見てみたいと思います。 上から順に「IT投資をしない理由」を挙げてみますと、 ITを導入できる人材がいない 導入効果がわからない、評価できない コストが負担できない 業務内容にあったITがない 社員がITを使いこなせない 適切な...
弊社にお問合せいただく中小企業のお客様の特徴 弊社にお問合せいただく中小企業のお客様は、 たいてい「どのような問題を解決したいか」ある程度焦点が定まっています。 もう少しいいますと、「こんなことができるシステムだといいな」といった、 漠然としたイメージがついている社長が多いように思います。   また、最終的にシステム構築する、しないに関わらず、 予算...
差別化できる業務と、定型化された業務 多くの中小企業がありますが、それぞれに強みは異なります。 強みは差別化とも言い換えることができると思いますが、 ほかの会社と業務のやり方を変えていることも強みの一つです。 その中で、あまりやり方を変えようがない業務があることも事実です。 たとえば会計処理などのようにほとんど処理の仕方が決まっていて 作成すべき書類(決算書など)も...
中小企業のIT投資の目的 中小企業がIT投資をする目的・理由にはどういったものがあるでしょうか。 弊社のお客様をみるに、まずは業務改善です。 新たな社内システムを構築することで、社内の業務フローや 社員の行っている業務内容の生産性を高めたい、 と仰るお客様は多いです。 生産性を高めることで、社員の時間を より高度な内容の仕事にわりあてたいようです。 他方で、売上...
社内システムをスマホでもパソコンでも使えるようにするには 前回、社内システムをスマホでもパソコンでも使えるようにするには 「レスポンシブ」という考え方で実現するとよい、 ということを書きました。 [blogcard url="https://www.iruka-system.co.jp/?p=1181"] ところで、パソコン用のウェブの社内システムを ただ単に小さい画面...
スマホでもパソコンでも使えるウェブシステム スマートフォンにはブラウザがついていますから、ウェブサイトを見ることができます。 もともとブラウザというのはパソコンで使われていたものですので、 ほとんどすべてのウェブサイトもパソコンで見られることを前提として作られていました。 基本的にパソコンの画面の縦横幅、画面サイズが想定されていましたので、 スマートフォンでそれをみると「...
ハードウェアの準備は費用のかかるものでした ほんの十数年前、というと2000年代初頭、ということになりますが、 そのころウェブサービスを提供しようとすると、その前にサーバー類のハードウェアの 購入と自社内への設置が必要でした。 サーバーだけでなく、自社にネットワーク回線を引き、ディスクやネットワーク機器と 接続し、設定する必要がありました。 また、オープンソースという考え方も現在ほど普及し...
ソフトウェア開発に必要な工数はどう算出しているのか? システム業界では、ソフトウェアの開発規模をあらわすのに「人月」という言葉を使います。 5ヶ月間、4人がかりで開発するものは、5×4=20人月、 というように表現します。 それでは、あるソフトウェア開発に何人月必要なのか(これを「工数」と呼びます)を、 どのように算出しているのでしょうか。   工数算出方法の一例 どの程度...
システム業界で使われる「人月」 前回、システム業界で一般的に使われる 「人月」という、開発規模をあらわす言葉をご紹介しました。 [blogcard url="http://www.iruka-system.co.jp/system/%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a2%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%81%ae...
システム業界で使われる「人月」 大きな会社で社内システムを作るとき、 その規模を見積するのに「人月」という言葉が使われるのが一般的です。 「人月」というのは、「一人が一か月で作業する規模」を指し、 また「一人月いくら」でエンジニアの値段が決まります。 これを「人月単価」といったりもします。 「作業する規模」ですから、たとえば20人月、といえば 20人が作業してできあが...