システム会社一覧

ソフトウェア開発に必要な工数はどう算出しているのか? システム業界では、ソフトウェアの開発規模をあらわすのに「人月」という言葉を使います。 5ヶ月間、4人がかりで開発するものは、5×4=20人月、 というように表現します。 それでは、あるソフトウェア開発に何人月必要なのか(これを「工数」と呼びます)を、 どのように算出しているのでしょうか。   工数算出方法の一例 どの程度...
システム業界で使われる「人月」 前回、システム業界で一般的に使われる 「人月」という、開発規模をあらわす言葉をご紹介しました。 [blogcard url="http://www.iruka-system.co.jp/system/%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a2%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%81%ae...
ほとんどロハでもできることは多い 顧客管理にしても在庫管理にしても、エクセルで管理できているうちは ほとんど費用を意識することはないと思います。 たいていパソコンを購入すると、エクセルやワードは付属してきます。 とくに起業したてなどであればあらたな費用の発生しない、 これらのソフトウェアを徹底的に活用するのはよい選択肢です。   明朗会計な市販ソフトウェア 出来合いのソフト...
システム会社のいう「品質」 一般的に、システム、ソフトウェアの品質、といいますと 「不具合がないこと」を指します。 不具合とは、システム、ソフトウェアの構築前に定めた 仕様(要件、設計)を満たしていないことです。 しかし、この考え方は、あくまで一般的なシステム会社が そういっている、というものです。   なんだか「おかしい」直感にあっていないシステム ...
いろいろなシステム会社を見つけやすくなりました いまはB2B取引の仲介サイトも増え、 どんな企業であっても遠くにある(一見取引条件のよい=安い)企業を 見つけやすくなりました。 中小企業が自社システムの構築を行いたい場合もそうです。 それでは、安そうで遠くにあるシステム会社と 高そうで近くにあるシステム会社から連絡があった場合 どちらを選ぶべきでしょうか。 &nbs...
支払いは一括? 分割? ある程度のまとまった額になるシステム開発費用を、 一括で支払うのとある程度の分割して支払うのとでは、経営上どちらがよいでしょうか。 これは個々の経営者によって考え方が異なるかもしれません。 期末であれば(そしてある程度の利益を見込めていれば) 期内に一括して支払いたい場合もあるでしょう。 逆に、なるべく平準化して毎月の支払を抑えた形にしたい場合もあると思います。 ...
社内システムの構築は失敗できません 中小企業にとって、社内システムの構築は失敗できないものです。 それなりの投資をして時間をかけたはずなのに、 社員の負担は軽減されず、なんだか期待外れ... AS-IS(現状)をどれだけ丁寧に伝えても、 TO-BE(理想、システム導入後の姿)を真剣にレビューしても、 あるいはちゃんとした責任者を立てても、 その後もシステム会社と協力し...
システム化の検討段階では様々な作業があります AS-IS(現状)をシステム会社に説明し、 TO-BE(理想、システム導入後の姿)の提案を受けて以降、 さらに詳細な検討に入っていきます。 基本的にはシステム会社が行うことですが、 その中で打合せを行い、提案資料を確認し、社内の資料を準備し、 といった様々な作業も発生します。 そういった作業は、だれがやるのでしょうか? ...
レアケースと夢 前回、AS-IS(現状)とTO-BE(理想)について書きました。 AS-ISの中では、 「こういうケースがある」「ああいうケースもある」 と、様々な例外ケースを挙げてくださる方もいます。 これはシステムにとっては重要なことで、 なにが基本で、どのような例外があって 例外にはどう対処するか、考えておく必要があるからです。   また、...
AS-ISとTO-BE AS-IS、TO-BE、という言葉があります。 コンサルティング業界や、システム業界で使われる言葉です。 AS-IS は、あるがまま、現状のことを意味し、 TO-BE は、あるべき姿、理想の状態を意味しています。 [blogcard url="http://www.consultant-blog.com/words/item_17070.html"...