人月一覧

ソフトウェア開発に必要な工数はどう算出しているのか? システム業界では、ソフトウェアの開発規模をあらわすのに「人月」という言葉を使います。 5ヶ月間、4人がかりで開発するものは、5×4=20人月、 というように表現します。 それでは、あるソフトウェア開発に何人月必要なのか(これを「工数」と呼びます)を、 どのように算出しているのでしょうか。   工数算出方法の一例 どの程度...
システム業界で使われる「人月」 前回、システム業界で一般的に使われる 「人月」という、開発規模をあらわす言葉をご紹介しました。 [blogcard url="http://www.iruka-system.co.jp/system/%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a2%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%81%ae...
システム業界で使われる「人月」 大きな会社で社内システムを作るとき、 その規模を見積するのに「人月」という言葉が使われるのが一般的です。 「人月」というのは、「一人が一か月で作業する規模」を指し、 また「一人月いくら」でエンジニアの値段が決まります。 これを「人月単価」といったりもします。 「作業する規模」ですから、たとえば20人月、といえば 20人が作業してできあが...