顧客管理システムで、経営計画をたてる

2017年4月24日

お客様とのつながりを記録し、会社の傾向も把握する


顧客管理システムでは、お客様とのつながりの履歴を登録します。

つながりの内容は、問い合わせとそれへの応答以外にも、受注、納品、といった
取引活動も含みます。

これらの活動を記録することで、そのお客様との関係性をみることができ、
社内の情報共有も容易になります。

しかし、それだけでなく、これらを記録することで、
会社としての営業活動の傾向を見ることも可能になります。

 

中小企業における営業活動の傾向を把握する


営業活動の傾向、とは例えば以下のようなことです。

取引を記録してゆくと、
ある月にどれくらいの数のお問い合わせがあり、
どれくらいの受注、納品の数、額になったか、
がわかります。

これにより成約率もわかりますし、
お問い合わせ一件でどれくらいの受注額を見込めるか、といった数値も出てきます。

それらの数値の推移もわかるようになります。

もう少しいいますと、
どれほどの施策(営業活動)が、どれほどの反響や受注に結びつくかがみえるようになります。

 

顧客管理を通して経営計画をたてる


現在の成果は、施策を因とするわけですから、
来期の数値を上げたければ、施策をその分増やす必要があります。

お客様とのつながりを記録し、会社としての営業活動の傾向を把握できるようにすることで、
来期の受注目標額に対してどれほどの施策を増やす必要があるか、
見えてくるわけです。

顧客管理システムは、個々の営業担当者にとっては営業支援システムであり、
経営者にとっては経営計画を立てる仕組みにもなりえます。

 

お問い合わせ

本記事(顧客管理システムで、経営計画をたてる)にかかわること、 中小企業様さま向けの社内向け業務ウェブシステムにかかわることなど ご相談、ご質問などがありましたら何なりとお問い合わせください。





captcha

この記事の著者

イルカシステム(株) イルカシステム株式会社

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

1.中小企業さま向けの社内向け業務ウェブシステム(営業支援、顧客管理、受注管理、請求入金管理、在庫管理、経営数値管理など)

2.医療業界向けの業務改善システム

※業務ウェブシステムの開発を効率化するための自社サービス「イルカベーカリー」をご提供しております。
※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「ムジンワリ」をご提供しております。

お問合せはお気軽に、こちらからどうぞ! → イルカシステム株式会社へ問合せ

著者:イルカシステム株式会社