複数選択するフォームを考える

2017年3月7日

顧客の好きなものをいくつかの選択肢から複数選んで記録する、といったような場合
どういったフォームを使えるでしょうか。

ウェブシステムでとりうるのは二種類あります。

前回も少し触れましたが、一つは「チェックボックス」です。
そしてもう一つは「セレクトボックス」です。

 

チェックボックスで複数選択する


お客様のすきなラジオ局を選ぶ場合、チェックボックスでは以下のようなフォームになります。



チェックボックスをクリックしてONにすれば「選択」、
再度クリックしてチェックを外せば「未選択」です。

チェックONにしたものが「選択」状態である、というのはすんなりと理解しやすく、
操作も単純なので慣れない方にも優しいフォームです。

 

セレクトリストで複数選択する


あまり見かけないかと思いますが、以下のフォーム(セレクトリストとよびます)
でも、複数選択することができます。

ctrlキーを押しながらマウスでクリックすると1件ずつ選ぶことができます。
shiftキーを押しながら選ぶと、範囲をまるごと選択できます。

…わかりましたでしょうか?

この操作方法はわかりづらく、慣れない方にしてみれば、
このフォームで複数選択することはかなりハードルが高いと思われます。

※なお、スマホではチェックボックス風にみえるので、多少はわかりやすくなっています。

 

どちらを使うか


正直に言いますと、後者のセレクトリストの、チェックボックスに対する優位性が全くわかりません。

弊社でも、セレクトリストを複数選択のために使ったことはありません。

セレクトリストを使うべき場面をご存知の方は、コメントなどでお知らせ下されば幸いです。

 

お問い合わせ

本記事(複数選択するフォームを考える)にかかわること、 中小企業様さま向けの社内向け業務ウェブシステムにかかわることなど ご相談、ご質問などがありましたら何なりとお問い合わせください。





captcha

この記事の著者

イルカシステム(株) イルカシステム株式会社

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

1.中小企業さま向けの社内向け業務ウェブシステム(営業支援、顧客管理、受注管理、請求入金管理、在庫管理、経営数値管理など)

2.医療業界向けの業務改善システム

※業務ウェブシステムの開発を効率化するための自社サービス「イルカベーカリー」をご提供しております。
※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「ムジンワリ」をご提供しております。

お問合せはお気軽に、こちらからどうぞ! → イルカシステム株式会社へ問合せ

著者:イルカシステム株式会社