自動補完で大量候補の絞り込みをする

2017年3月2日

前回はドロップリストとラジオボタンについてふれましたが、
100件を超える候補がある場合、どちらを使うべきでしょうか。

100件を超えるドロップリストの候補から、
スクロールして一つの候補を選び出すのも悪夢ですが、
100件分のラジオボタンが画面を埋め尽くすのもまた、悪夢です。

 

最新のHTML(HTML5)からは、データリスト(datalist)という機能が追加されました。
これは、対象となるテキストフォームに一部の文字を入力すれば
データリストのうちから部分一致するものを候補表示できるようにする機能です。

ちょうど、Googleの検索ボックスになにかワードを入力すると
そのワードとともによく検索されるワードの候補が表示される機能がありますが
これを実現するための機能、と理解すればよいと思います。

 

ただし、ひとつ条件があります。

パソコン用のブラウザ、Internet ExplorerやGoogle Chrome、Firefoxなどでは
データリストはサポートされているのですが、
現在普及しているiPhoneではサポートされていないのです。

このため、スマートフォンでもデータリストのようなことを実現したい場合
同様の機能を実現するとうたわれている、
公開プログラムを使うなどする必要があります。

 

お問い合わせ

本記事(自動補完で大量候補の絞り込みをする)にかかわること、 中小企業様さま向けの社内向け業務ウェブシステムにかかわることなど ご相談、ご質問などがありましたら何なりとお問い合わせください。





captcha

この記事の著者

イルカシステム(株) イルカシステム株式会社

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

1.中小企業さま向けの社内向け業務ウェブシステム(営業支援、顧客管理、受注管理、請求入金管理、在庫管理、経営数値管理など)

2.医療業界向けの業務改善システム

※業務ウェブシステムの開発を効率化するための自社サービス「イルカベーカリー」をご提供しております。
※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「ムジンワリ」をご提供しております。

お問合せはお気軽に、こちらからどうぞ! → イルカシステム株式会社へ問合せ

著者:イルカシステム株式会社