社員を成長させる顧客管理システムとは

2017年4月25日

顧客管理システムとみえる化


お客様とのつながりを記録するのが顧客管理システムです。

そういったつながり、つまり営業活動が、どのくらいの成果(受注)につながったか、
といったことをみえる化することで、
顧客管理システムは、営業支援システムにもなりえます。

このとき重要なのは、このみえる化を、全社合計の数値だけでなく、
各支店、部門、個人ごとにもみえる化できるようにしておくことです。

 

みえる化によって社員自身で活動を振り返る


もちろん、各個人の成果情報を全社員に公開する、ということではありません。

少なくとも各担当者は、自身で自身の活動を振り返ることができるよう、
みえる化しておく必要があります。

どんな項目をみえる化すべきか、は業界や会社によって異なります。

しかし振り返ることができれば、例えば、
「今月の成果が少ないのは、前の3カ月のこの活動が少なかったからではないか」
といった仮説を立てることができます。

 

顧客管理システムで社員が成長する


中小企業は、大企業と違って多くの優秀な社員がいるわけではありません。

このように数値やグラフをみて自律的に判断できるようにすることは、
社員の成長に寄与することと思います。

また、新しい社員(経験者であれ、新卒者であれ)に対しては、
その会社の営業の型をしらずに身につけてもらう仕組みにもなります。

つまり、顧客管理システムは、みえる化することで、営業支援システムになり、
また社員の成長を促す仕組みにもなりえる、ということです。

 

お問い合わせ

本記事(社員を成長させる顧客管理システムとは)にかかわること、 中小企業様さま向けの社内向け業務ウェブシステムにかかわることなど ご相談、ご質問などがありましたら何なりとお問い合わせください。





captcha

この記事の著者

イルカシステム(株) イルカシステム株式会社

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

1.中小企業さま向けの社内向け業務ウェブシステム(営業支援、顧客管理、受注管理、請求入金管理、在庫管理、経営数値管理など)

2.医療業界向けの業務改善システム

※業務ウェブシステムの開発を効率化するための自社サービス「イルカベーカリー」をご提供しております。
※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「ムジンワリ」をご提供しております。

お問合せはお気軽に、こちらからどうぞ! → イルカシステム株式会社へ問合せ

著者:イルカシステム株式会社