毎年増え続けるウェブサイトと自動構築

2014年8月18日

JPNICの資料をみますと、全世界で一年間に新しく取得されるドメインの数は

.com 5,379,669
.net 239,289
.org 161,886

(2013/5~2014/4)

この3ドメインだけで、年間約550万も増えていることがわかります。
さらにほかにもドメインの種類はありますので、膨大な数のドメインが
毎年登録されていることがわかります。

cf)
ドメイン名に関する統計情報 – JPNIC
https://www.nic.ad.jp/ja/stat/dom/

国内で年間に開かれるウェブサイトの数は?


一方国内の.jp ドメインに目を転じますと、

.jp(.co.jpなど.jpを末尾にもつものすべて) 32,977

(2013/5~2014/4)

といったところで、これに .comや.net の一部も日本国内で取得されています。

さらに、ここでカウントされている数には、サブドメインは含まれていません。
たとえば、もともと example.com を運営していたとして、
さらにウェブショップ用の webshop.exmample.com や
自社専用SNSの sns.example.com を開設したとしても
これらの数は、この統計には含まれていません。

ただ、ドメインを取得したからといって、すべてのドメインが利用されているか
といえば、そういうこともありません。
とるだけとって、使われないままのドメインも多くあります。

また、社内専用のウェブシステムの場合
ドメインはあえて取得せず、IPアドレスのまま運用していることもあります。

こう考えてくると、一年間に国内で増えるサイトの数は
十数万から数十万、といったところになるでしょうか。

膨大なウェブサイトの作られ方


これらの膨大なウェブサイトですが、
必ずしもすべてがウェブ開発会社やシステム開発会社を通して作られているわけではありません。
むしろごく一部でしかないのではないでしょうか。

というのは、ブログなどはブログサイトのサービスを通して
アカウントを作るだけで作れてしまいますし
ウェブショップも同じように、かなり手軽にできてしまいます。

もしかするとオープンソースプログラムをダウンロードして
サイトを構築してしまう場合もあるでしょう。

ウェブサイト自動構築の流れ


ウェブサイトやウェブシステムの構築は、
今後ますますオンデマンド(つくりたい時、必要な時)に
自分で構築できてしまうような方向に向かっていると思います。

このようなサービスのポイントは、
「自分で構築できてしまう」をどれだけ容易で敷居を低くできるか、
また決められた枠から外れてしまうことをしたい場合に
どう実現できるか、といったところにあるのではないでしょうか。

 

お問い合わせ

本記事(毎年増え続けるウェブサイトと自動構築)にかかわること、 中小企業様さま向けの社内向け業務ウェブシステムにかかわることなど ご相談、ご質問などがありましたら何なりとお問い合わせください。





captcha

この記事の著者

イルカシステム(株) イルカシステム株式会社

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

1.中小企業さま向けの社内向け業務ウェブシステム(営業支援、顧客管理、受注管理、請求入金管理、在庫管理、経営数値管理など)

2.医療業界向けの業務改善システム

※業務ウェブシステムの開発を効率化するための自社サービス「イルカベーカリー」をご提供しております。
※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「ムジンワリ」をご提供しております。

お問合せはお気軽に、こちらからどうぞ! → イルカシステム株式会社へ問合せ

著者:イルカシステム株式会社