検索機能は別画面にするか、一覧画面内に配置するか

2017年2月7日

業務用システムで、情報を検索するための機能は、
どのように実現するとわかりやすいのでしょうか。

 

検索機能の実装には、大きく分けて2つのパターンがあると思います。

  1. 一覧画面の上部に検索用の枠があるパターン。
  2. 検索用の画面が独立しているパターン。

 

受注情報の一覧を例に考えてみましょう。

1.は、検索機能は受注一覧画面の、多くの場合上部に位置します。

初期状態では、デフォルトの検索条件で受注一覧を表示します。
たとえば、「発送 未」の受注情報がデフォルトで表示されます。

問い合わせ対応のために、「発送 未、済どちらも」かつ「お客様名 イルカ太郎」と、
画面上部の検索条件に入力し「検索」を押すと、
画面下部の受注一覧がその条件に沿った内容で再表示されます。

このように、1つの画面で条件の設定と、その結果の表示がおこなわれるため、
「現在どんな条件で検索しているか」が一目りょう然です。

また、画面の行き来がないため、慣れると操作がラクです。

 

2.では、「受注検索画面」と「受注一覧画面」が別の画面として存在します。

利用者は、必ず「受注検索画面」を表示し、
条件を入力して(またはデフォルトの条件のまま変更せずに)「検索」を押すことで
「受注一覧画面」を開くことができます。

つまり、いろいろと条件を変えながら情報を探すときには、
「受注検索画面」と「受注一覧画面」を、行ったり来たりする必要があります。

なんだか面倒なことしかないように思えますが
どちらかといえばシステムに不慣れな方にとっては、
こちらの画面構成の方が受けがよいような気がします。

条件を指定したら、別の画面に結果が表示される、
というほうが、直感的なのかもしれません。

 

現在のウェブシステムでは、1.の形式の方が多いように思います。

その理由のひとつには、ウェブシステムを作るためのプログラムのフレームワーク
(共通プログラムのセットのようなもので、開発を効率化します)
が、たいてい1.を前提としたサンプルプログラムを用意し、
またはそのようにしたほうが作りやすくなっているためかもしれません。

こういう傾向になっている、ということは、
1.のほうがわかりやすい、使いやすいと感じる人が多い、
またはこれからも増えていく、
ということが言えるかもしれません。

 

お問い合わせ

本記事(検索機能は別画面にするか、一覧画面内に配置するか)にかかわること、 中小企業様さま向けの社内向け業務ウェブシステムにかかわることなど ご相談、ご質問などがありましたら何なりとお問い合わせください。





captcha

この記事の著者

イルカシステム(株) イルカシステム株式会社

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

1.中小企業さま向けの社内向け業務ウェブシステム(営業支援、顧客管理、受注管理、請求入金管理、在庫管理、経営数値管理など)

2.医療業界向けの業務改善システム

※業務ウェブシステムの開発を効率化するための自社サービス「イルカベーカリー」をご提供しております。
※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「ムジンワリ」をご提供しております。

お問合せはお気軽に、こちらからどうぞ! → イルカシステム株式会社へ問合せ

著者:イルカシステム株式会社