処理済みであることをわかりやすくする

2017年1月30日

受注・売上管理のシステムでよくみられるのは、
ある画面でひたすら似た作業をする、といった光景です。

たとえば…

銀行口座の入金情報をみて、受注情報を入金済にする

または…

入金が済んだ売上情報をみて、出荷作業して、済んだら出荷済みにする

 

御社のシステムでは、
作業「済」になった情報は、どのように表示されていますか?

 

よくあるのは、「受注情報」に「入金済」「出荷済」と書かれているだけのシステムです。

これでも確かに「わかる」のですが、
「あとどれくらい未入金のものがあるのか」
「あとどれくらい出荷する必要があるのか」
が直感的にはわかりません。

 

弊社のシステムでは、なるべく直感的にわかるようにするために
「アーカイブ」できるようにしています。

gmail にある「アーカイブ」のようなものです。

すなわち、デフォルトの状態で受注一覧を表示すると、
未済のものだけが表示されて、あとどの程度残りがあるか一目でわかるようになっているわけです。

「入金済」とすると、受注一覧から消えてなくなります。
(ただし、検索条件をかえて検索すると、みえるようになります)

 

TODOリストも、やったものが消えていくことでやる気があがりますよね。

これと同様の効果があるのではと思います。
ちょっとしたことですが、弊社のお客様では好評です。

 

お問い合わせ

本記事(処理済みであることをわかりやすくする)にかかわること、 中小企業様さま向けの社内向け業務ウェブシステムにかかわることなど ご相談、ご質問などがありましたら何なりとお問い合わせください。





captcha

この記事の著者

イルカシステム(株) イルカシステム株式会社

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

1.中小企業さま向けの社内向け業務ウェブシステム(営業支援、顧客管理、受注管理、請求入金管理、在庫管理、経営数値管理など)

2.医療業界向けの業務改善システム

※業務ウェブシステムの開発を効率化するための自社サービス「イルカベーカリー」をご提供しております。
※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「ムジンワリ」をご提供しております。

お問合せはお気軽に、こちらからどうぞ! → イルカシステム株式会社へ問合せ

著者:イルカシステム株式会社