中小企業では、だれに「みえる化」すべきか

2017年3月31日

経営者のための「みえる化」


「みえる化」は、だれにターゲットを置いて進めるべきでしょうか。

経営者が全社的な傾向を把握するためにするのでしょうか。

 

もちろんその側面も大きいと思います。

とくに、経営計画に対する進捗を、「みえる化」してリアルタイムに状況把握できるのは
変化を柔軟にとる必要のある中小企業には、重要なことです。

おそらくここで「みえる化」されるのは、受注数や売上高、入金と出金のタイミングなど、
結果としての数値が主眼となるでしょう。

 

社員のための、プロセスの「みえる化」


一方、社員のための「みえる化」も、ぜひ考えておいてほしいものです。

社員のための「みえる化」とは、活動のプロセスも「みえる化」し、
社員自身が振り返りを行えるようにする、ということです。

 

受注数や金額、といった結果としての数値だけでは、
活動のどこに問題があるか特定できません。

受注に向けての会社としてのプロセス、
たとえば、電話や面談などの既存顧客との接触回数、
飛び込み訪問やテレアポなどの新規顧客はのアプローチ、
といった活動もまた、「みえる化」することです。

これにより、各プロセスがどの程度の数に達すれば結果になっていくか、
各社員が把握できるのです。

 

経営者のための、プロセスの「みえる化」


翻って、こういったプロセスとしての数値を、
管理者や経営者が注視しておくことで、ある程度の結果を予測できるようになります。

新入社員や結果の伴わない社員には、プロセスの数値をともに振り返ることで、
今後の進め方を指導することもできます。

社員がやる気をなくしていたり、集中力を欠いていたりする場合も、
数値に反映してきます。

 

社員を育てて長く働いてもらうために、中小企業の経営者は、
プロセスとしての数値こそ「みえる化」し、注視することでえられることは多いでしょう。

 

お問い合わせ

本記事(中小企業では、だれに「みえる化」すべきか)にかかわること、 中小企業様さま向けの社内向け業務ウェブシステムにかかわることなど ご相談、ご質問などがありましたら何なりとお問い合わせください。





captcha

この記事の著者

イルカシステム(株) イルカシステム株式会社

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

1.中小企業さま向けの社内向け業務ウェブシステム(営業支援、顧客管理、受注管理、請求入金管理、在庫管理、経営数値管理など)

2.医療業界向けの業務改善システム

※業務ウェブシステムの開発を効率化するための自社サービス「イルカベーカリー」をご提供しております。
※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「ムジンワリ」をご提供しております。

お問合せはお気軽に、こちらからどうぞ! → イルカシステム株式会社へ問合せ

著者:イルカシステム株式会社