ソフトウェア開発の規模を概算するための「人月」

2017年5月9日

システム業界で使われる「人月」


大きな会社で社内システムを作るとき、
その規模を見積するのに「人月」という言葉が使われるのが一般的です。

「人月」というのは、「一人が一か月で作業する規模」を指し、
また「一人月いくら」でエンジニアの値段が決まります。
これを「人月単価」といったりもします。

「作業する規模」ですから、たとえば20人月、といえば
20人が作業してできあがる規模のソフトウェア、ということになります。

5か月間、4人の人がかかりきりになって
ようやくできあがる、ということです。

 

「人月」と「人月単価」


「人月単価」をいくらにするかによりますが、
大きな会社ですと100万円前後だったりします。

20人月だと2,000万円、ということです。

「人月」という考え方をするときは
それぞれのエンジニアの生産性やノウハウなどは
ほとんど考慮に入れられることはありません。

ですから、開発費用を抑えようとするとき
「人月単価」を抑えようという方向にのみ力が働きます。

しかしそれをやりすぎると、それに見合ったエンジニアのみで
チームが構成されてしまい、残念な仕上がりになってしまいかねません。

 

「人月単価」によって見積金額が変わってしまう


「こんなことができる社内システムを作ってほしい」
といろいろなシステム会社に見積を依頼したとします。

仮に、すべてのシステム会社が、
同じ規模、20人月で見積したとします。

しかしシステム会社ごとに「人月単価」が異なりますから

「人月単価」100万円のシステム会社では2,000万円、
「人月単価」60万円のシステム会社では1,200万円、

といったように、かなり開きのある額になることはありえます。

 

お問い合わせ

本記事(ソフトウェア開発の規模を概算するための「人月」)にかかわること、 中小企業様さま向けの社内向け業務ウェブシステムにかかわることなど ご相談、ご質問などがありましたら何なりとお問い合わせください。





captcha

この記事の著者

イルカシステム(株) イルカシステム株式会社

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

1.中小企業さま向けの社内向け業務ウェブシステム(営業支援、顧客管理、受注管理、請求入金管理、在庫管理、経営数値管理など)

2.医療業界向けの業務改善システム

※業務ウェブシステムの開発を効率化するための自社サービス「イルカベーカリー」をご提供しております。
※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「ムジンワリ」をご提供しております。

お問合せはお気軽に、こちらからどうぞ! → イルカシステム株式会社へ問合せ

著者:イルカシステム株式会社