スマホ対応はレスポンシブだけではない

2017年5月22日

社内システムをスマホでもパソコンでも使えるようにするには


前回、社内システムをスマホでもパソコンでも使えるようにするには
「レスポンシブ」という考え方で実現するとよい、
ということを書きました。

ところで、パソコン用のウェブの社内システムを
ただ単に小さい画面(スマホ)用に最適化さえすれば
問題ないのでしょうか。

答えは「いいえ」です。

 

スマホとパソコンの違い


パソコンとスマホの違いはなんでしょうか。

持ち運びしやすく、そのために画面が小さくなっています。

それだけだとガラケーと同じですが、
ガラケーと違うのは、ボタンがほとんどない、
というところです。

ガラケーでは、数字などのボタンを含めて
およそ10個を超えるボタンがありましたが、
スマホでは、音量や電源など含めて5個前後ではないでしょうか。

それでは文字入力はどうするか、といいますと
みなさんご存知のとおり、その小さな画面にキーボードが表示されて、
これを使って入力します。

 

スマホ独自の入力方法


パソコンではキーボードを使って入力する前提ですが
スマホでは、この入力しづらい画面上のキーボードを
なるべく使わないように工夫されています。

たとえば、「年月」を入力したい場合ですが、
iPhoneでは以下のように年月を選択して入力できるようになっています。

Iphoneカレンダー

 

同じ入力部分をandroidスマホでみると、以下のように表示されます。

androidカレンダー

 

この例では「年月」ですが、「年月日」や「年」もあります。
そのほかいろいろあるのですが、詳細については記事を改めたいと思います。

 

スマホ対応はレスポンシブだけではない


パソコンのブラウザで使えるウェブシステムを
スマホでも使えるようにするには、
ただ単に画面幅をスマホ用に最適化すれば済むという話ではありません。

小さなスマホでもストレスなく入力できるように
上述のように、入力が容易になるような工夫が必要になります。

技術的にはそれほど難しいことではありませんので
社内のウェブシステムをスマホでも使いたい、という場合は
これも考慮に入れておくことをお勧めします。

 

お問い合わせ

本記事(スマホ対応はレスポンシブだけではない)にかかわること、 中小企業様さま向けの社内向け業務ウェブシステムにかかわることなど ご相談、ご質問などがありましたら何なりとお問い合わせください。





captcha

この記事の著者

イルカシステム(株) イルカシステム株式会社

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

1.中小企業さま向けの社内向け業務ウェブシステム(営業支援、顧客管理、受注管理、請求入金管理、在庫管理、経営数値管理など)

2.医療業界向けの業務改善システム

※業務ウェブシステムの開発を効率化するための自社サービス「イルカベーカリー」をご提供しております。
※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「ムジンワリ」をご提供しております。

お問合せはお気軽に、こちらからどうぞ! → イルカシステム株式会社へ問合せ

著者:イルカシステム株式会社