エクセルで業務管理するメリット

2014年1月27日

日本のオフィスでは、マイクロソフト社のエクセル(Excel)が欠かせません。
エクセルと聞いて知らない方はほとんどおられないでしょうが
なぜ、ここまで確固たる地位をしめているのでしょうか。

 

弊社にシステム開発の依頼をしてくださるお客さまのかなりの割合は、
エクセルを使って社内のいろいろを管理してきたけれど、
それでは手作業が増えすぎて立ちゆかなくなってきた、というご相談です。

そのとき、エクセルでどのようなデータ管理をされているのか、拝見することも多いです。
そこで感じるエクセルのメリットをいくつか挙げてみますと…

  1. 項目を自由に追加できる
  2. 行をある程度好きなだけ追加できる
  3. 項目内に好きな文字を指定できる
  4. シートコピー・ブックコピーで履歴をとれる
  5. マクロを使うと、グラフィカルな報告書まで作れる

項目や行を好きなだけ追加できる、というのは、
業務内容の変動に強い、と言い換えることもできます。

 

なにか新しい事業を立ち上げたとすると、
「業務内容の定型化」を少しずつ作りあげていくものだと思います。

「定型化」に必要な情報を集めては整理してやってみて…
という、いわゆるPDCAの流れを考えると、
エクセルほど柔軟性にとんだ優れものは他にありません。

それが故に、日本のオフィスでは、
これほどまでにエクセルが愛されているのではないでしょうか。

 

ただ、このPDCAサイクルも落ち着いて
ある程度売上が伸び、手作業が増えてくると
「手作業」の部分をもっと自動化したい、というお話になるようです。

私の感覚では、「手作業」に1~2名がかかり切りになるようになると
システム化を考えられる方が多いようです。

エクセルデータのシステム化をご検討されている方は
なんなりと弊社宛にご相談ください。

 

お問い合わせ

本記事(エクセルで業務管理するメリット)にかかわること、 中小企業様さま向けの社内向け業務ウェブシステムにかかわることなど ご相談、ご質問などがありましたら何なりとお問い合わせください。





captcha

この記事の著者

イルカシステム(株) イルカシステム株式会社

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

1.中小企業さま向けの社内向け業務ウェブシステム(営業支援、顧客管理、受注管理、請求入金管理、在庫管理、経営数値管理など)

2.医療業界向けの業務改善システム

※業務ウェブシステムの開発を効率化するための自社サービス「イルカベーカリー」をご提供しております。
※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「ムジンワリ」をご提供しております。

お問合せはお気軽に、こちらからどうぞ! → イルカシステム株式会社へ問合せ

著者:イルカシステム株式会社