お客様とのやりとりの記録のススメ

2017年4月12日

やりとりを記憶に頼ると、忘れます


お客様の数が少ないうちは、そのお客様とどんなお取引をしたか、
およその内容は覚えているものです。

しかし、企業努力の結果、お客様が増えてきますと、
なんとなくは覚えていても詳細までは思い出せなくなるかもしれません。

さらに、社員が増えてお客様を担当ごとに受け持つことになれば、
電話をいただいても、社員によってはそのお客様をしらない、
という事態になることもあるでしょう。

 

お客様とのやりとりは中小企業の財産です


お取引を含めた、お客様とのやりとりは、中小企業にとって財産となるものです。

お客様がどういったときにご連絡をくださるか、どういったお問い合わせが多いのか、
履歴が蓄積するほどによい分析材料になるでしょう。

 

メモを残してみましょう


お客様の数が少ないうちでも、いつ、だれと、どのような内容を話したか、
エクセルやワードでも構いませんので、記録を残しておくことをお勧めします。

議事録のような格式ばったものでなくても、メモ程度でも構わないと思います。

とくに記憶力に自信のある社長は、こういったことを重要なことと考えないかもしれませんが、
記録をとってみると、案外覚えていないこともあるものです。

 

エクセルで管理しきれなくなったら


お客様が増え、社員も増えたら、いずれエクセルやワードでの記録を
続けるのが難しくなってくるかもしれません。

それは、社員間の情報共有がしづらかったり、記録の取り忘れに気づきにくいからです。

そのような状態になったら、それらの情報を管理するシステムの導入を
検討してもよいかもしれません。

 

イルカシステムでは、このようなお客様情報の管理システムを構築、運用しております。

興味のあるかたは、右上のお問い合わせフォームからご連絡くださいください。

 

お問い合わせ

本記事(お客様とのやりとりの記録のススメ)にかかわること、 中小企業様さま向けの社内向け業務ウェブシステムにかかわることなど ご相談、ご質問などがありましたら何なりとお問い合わせください。





captcha

この記事の著者

イルカシステム(株) イルカシステム株式会社

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

1.中小企業さま向けの社内向け業務ウェブシステム(営業支援、顧客管理、受注管理、請求入金管理、在庫管理、経営数値管理など)

2.医療業界向けの業務改善システム

※業務ウェブシステムの開発を効率化するための自社サービス「イルカベーカリー」をご提供しております。
※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「ムジンワリ」をご提供しております。

お問合せはお気軽に、こちらからどうぞ! → イルカシステム株式会社へ問合せ

著者:イルカシステム株式会社