PCに接続した機器をウェブサイトに保存するには

2014年7月8日

お使いのパソコンにはいろいろな機器を接続することができます。

たとえばICカードリーダでカード情報を読み取ったり、
指紋認証機器や血圧を測定する機器もあります。
2次元バーコードをスキャナして、パソコンで読み取りさせることも可能です。

接触型ICカードに対応し、自宅のパソコンで確定申告ができるICカードリーダライタ
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=ADR-RW5100&cate=1

指紋認証でセキュリティ対策、コンピュータの不正使用、個人情報・データの盗難から守る指紋認証リーダー
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=FP-RD2

こういったものがたくさん販売されていますが、
これらで取得した情報を、ウェブシステムに保存したり、それを解析させたりするのには
どうしたらよいでしょうか。

 

1. activeXコントロール


少し技術的な話になってしまいますが、これは比較的古くからある方法です。
古いブラウザだけではそういった機器からの情報を取得することができなかったため
activeXという技術が使われていました。いまも使われているところもあるかもしれません。

Webシステムからシリアル通信でハードウェアを制御する方法 – コラム|システム開発のノウハウ
http://www.componentdesign.co.jp/column/2013/09/activex.html

通常、activeXはC言語などで作成されます。
このプログラムが機器と通信し、情報を取得した上で、こんどはブラウザのプログラム(JavaScriptなど)
に情報を受け渡し、ここからウェブシステムに情報を保存することができるようになります。

技術的にはなんの問題もないのですが、
このactiveXがセキュリティ上の問題を起こすことがあるため
IEの標準的な設定ではインストールできないこともあり、
一般的な利用者にとっては、次第にわかりにくいものになりつつあります。

 

2.キーボードウェッジ


とくにバーコードスキャナー界隈では一般的になっている方式に
「キーボードウェッジ」というものがあります。

これは、スキャンしたバーコードの情報を、
あたかもキーボードから入力したかのように
パソコンに入力できる、というものです。

3800gHD  高性能リニアイメージャー
http://www.imagers.co.jp/products/3800ghd.html

キーボードウェッジをサポートしているスキャナーでスキャンすると
あたかもキーボードから入力したかのように、
バーコード情報が画面に入力されます。

たとえば、2次元バーコードに


イルカシステム株式会社(改行)(改行)http://www.iruka-system.co.jp(改行)

という情報を設定しておくとします。
Windowsでメモ帳を開いて、この2次元バーコードを読み取ると、
メモ帳には、以下のように入力されます。

イルカシステム株式会社

http://www.iruka-system.co.jp

ウェブシステムでは入力項目の移動はTabキーで行うことが一般的ですが、
Tabキーをバーコードに埋め込むことで、
ウェブ画面のフォーム項目すべてに一気に入力させることも可能です。

 

3.google chrome apps


以前「導入事例」でご紹介している Chrome Apps を使う方法もあります。

Chrome拡張機能「クーポンチェッカー」

Chrome Apps は、その名の通り、Chrome でしか使うことができません。
ただ、一度Chrome Webstore からインストールすれば、
プログラムに変更があったときも自動的に更新されます。
またChromeであれば、使っているOSは問わない、ということ(らしい)のも大きなメリットです。

Chrome Packaged Apps APIを使用して作成したWebアプリはすべてのデバイス/OS上で動作可能
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130906_614308.html

このChrome AppsでUSB接続機器との通信処理を実現すれば

(0) Chrome WebStoreからアプリをダウンロード・インストール(初回のみ)
(1) 機器をUSB接続する
(2) Chromeを起動し、対象のウェブサイトを開く
(3) 機器で読み取る

という手順で、機器からの情報をウェブサイトに保存し解析することができるようになります。

 

この記事の著者

イルカシステム(株) イルカシステム株式会社

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

1.中小企業さま向けの社内向け業務ウェブシステム(営業支援、顧客管理、受注管理、請求入金管理、在庫管理、経営数値管理など)

2.医療業界向けの業務改善システム

※業務ウェブシステムの開発を効率化するための自社サービス「イルカベーカリー」をご提供しております。
※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「ムジンワリ」をご提供しております。

お問合せはお気軽に、こちらからどうぞ! → イルカシステム株式会社へ問合せ

著者:イルカシステム株式会社

お問い合わせ




会社概要

<p>イルカシステム(株)</p>
<img src="http://www.iruka-system.co.jp/wp-content/uploads/2017/01/WS000000.png" alt="会社概要 住所" width="243" height="84" class="alignnone size-full wp-image-49" />
<div class="alert alert-warning">
2017/1/1より、住所変更いたしました。
</div>
<p><span class="label label-success">TEL</span> 03-5843-9168</p>

  • 中小企業 41個の記事

    中小企業様にご提案・開発してきた実績をもとに、システム構築について記載した様々な記事一覧です。

  • 社内システム 39個の記事

    様々な社内システムをご提案・開発してきた実績をもとに、システム構築について記載した様々な記事一覧です。

  • わかりやすさ 30個の記事

    情報システムをわかりやすく使いやすいものにするためのノウハウ、気をつけていることの記事一覧です。

  • UI設計 27個の記事

    UI(ユーザーインターフェース)は、システムの使い勝手を左右します。どんな点に気をつけているか、どんな考えでシステム開発しているかの記事一覧です。

  • 顧客管理 26個の記事

    これまで構築した様々なシステムのうち、顧客管理機能をどのような観点でご提案、開発しているかをまとめた記事一覧です。

  • 受注管理 18個の記事

    これまで構築した様々なシステムのうち、受注情報を管理する機能をどのような観点でご提案、開発しているかをまとめた記事一覧です。

  • ビジネス 18個の記事

  • 業務 16個の記事

  • 要件定義 14個の記事

    要件定義とはどのようなシステムを構築するのかを決める作業です。要件定義において注意し、考えていることをまとめた記事一覧です。

  • クラウド 13個の記事

  • 登録画面 13個の記事

  • 編集画面 12個の記事

  • システム会社 12個の記事

  • 情報共有 11個の記事

  • みえる化 11個の記事

    手作業をシステム化して効率化するだけでなく、それらの情報を集約して簡単に見えるようにし、社員が自律的に動ける組織を作ることが「みえる化」です。

  • 一覧画面 11個の記事

  • 業務用ウェブシステム 10個の記事

  • エクセル 9個の記事

  • コミュニケーション 9個の記事

  • セキュリティ 8個の記事