エクセルで顧客管理するときのメリットとコツ

2017年5月1日

エクセルでの顧客管理


前回、起業直後の顧客管理や受注管理はエクセルを使えば充分、と書きました。

例えば、顧客管理.xlsx というブックを作って、最初のシートsheet1の一行目に
「顧客社名」「郵便番号」「住所」「電話番号」とタイトルを書いてあげればできあがりです。

応対履歴も記録するのであれば、二枚目のシートsheet2に
「顧客社名」「応対日」「問合せ内容」「応対内容」とタイトルを書けばできあがりです。

どちらも、あとは行に追記していくだけです。
マクロなど不要です。

 

PDCAに強いエクセル


エクセルのメリットは、自由に列を追加できることです。

例えば、顧客情報として「FAX番号」も記録したくなったら、
「FAX番号」という列をsheet1に追加するだけで済みます。

起業当初はPDCAの繰り返しになると思いますから、
エクセルのように自由に項目を追加できる、というのは強みです。

 

自由に入力しすぎないことがコツ


このように、便利なエクセルですが、1つだけ注意しておいたほうがよいことがあります。

例えばお客様の住所が変わった時、「住所」列に

東京都千代田区神田小川町1-1
→東京都港区芝1-1-1(2017/4から)

などと1つのセルにいろいろと書いてしまわないことです。

 

このように書ける自由さがエクセルのメリットであり、デメリットです。

人間が見れば「あ、2017/4からは港区芝が新しい住所なのだな」とわかります。

しかし、例えばこのsheet1をもとに宛名印刷しようとしたとき、
このような「新旧の住所や日付」が含まれた行があるだけで一気に使いづらいデータになります。

 

整理されたデータは利用しやすい


あくまで「住所」には「現住所」のみとすることです。

「2017/3まで神田小川町だった」というのは「現住所」とは関係のない情報ですから、
もし記録するにしても別の列「住所履歴」を追加するべきです。

このように整理されたデータを入力しておくことで、
宛名印刷のようなほかのソフトでもデータが使いやすくなります。

また、将来なにか顧客管理システムを導入するときも、データを取り込みやすくなります。

 

この記事の著者

イルカシステム(株) イルカシステム株式会社

イルカシステム(株)は、以下のような業務用ウェブシステムのご提案、受託開発、運用を行っております。

1.中小企業さま向けの社内向け業務ウェブシステム(営業支援、顧客管理、受注管理、請求入金管理、在庫管理、経営数値管理など)

2.医療業界向けの業務改善システム

※業務ウェブシステムの開発を効率化するための自社サービス「イルカベーカリー」をご提供しております。
※医療業界向けに、臨床研究の無作為割付自動化のための自社サービス「ムジンワリ」をご提供しております。

お問合せはお気軽に、こちらからどうぞ! → イルカシステム株式会社へ問合せ

著者:イルカシステム株式会社

お問い合わせ




会社概要

<p>イルカシステム(株)</p>
<img src="http://www.iruka-system.co.jp/wp-content/uploads/2017/01/WS000000.png" alt="会社概要 住所" width="243" height="84" class="alignnone size-full wp-image-49" />
<div class="alert alert-warning">
2017/1/1より、住所変更いたしました。
</div>
<p><span class="label label-success">TEL</span> 03-5843-9168</p>

  • 中小企業 41個の記事

    中小企業様にご提案・開発してきた実績をもとに、システム構築について記載した様々な記事一覧です。

  • 社内システム 39個の記事

    様々な社内システムをご提案・開発してきた実績をもとに、システム構築について記載した様々な記事一覧です。

  • わかりやすさ 30個の記事

    情報システムをわかりやすく使いやすいものにするためのノウハウ、気をつけていることの記事一覧です。

  • UI設計 27個の記事

    UI(ユーザーインターフェース)は、システムの使い勝手を左右します。どんな点に気をつけているか、どんな考えでシステム開発しているかの記事一覧です。

  • 顧客管理 26個の記事

    これまで構築した様々なシステムのうち、顧客管理機能をどのような観点でご提案、開発しているかをまとめた記事一覧です。

  • 受注管理 18個の記事

    これまで構築した様々なシステムのうち、受注情報を管理する機能をどのような観点でご提案、開発しているかをまとめた記事一覧です。

  • ビジネス 18個の記事

  • 業務 16個の記事

  • 要件定義 14個の記事

    要件定義とはどのようなシステムを構築するのかを決める作業です。要件定義において注意し、考えていることをまとめた記事一覧です。

  • クラウド 13個の記事

  • 登録画面 13個の記事

  • 編集画面 12個の記事

  • システム会社 12個の記事

  • 情報共有 11個の記事

  • みえる化 11個の記事

    手作業をシステム化して効率化するだけでなく、それらの情報を集約して簡単に見えるようにし、社員が自律的に動ける組織を作ることが「みえる化」です。

  • 一覧画面 11個の記事

  • 業務用ウェブシステム 10個の記事

  • エクセル 9個の記事

  • コミュニケーション 9個の記事

  • セキュリティ 8個の記事